ミラクルなサウスウエスト〜その2ドライブ編

f0095325_07254799.jpg



アリゾナ州フェニックスのスカイハーバー空港へ、
ニューヨークのJFK空港から5時間半で到着すると、
早速予約しているレンタカーを目指し、
空港からシャトルバスでレンタカー会社が集結しているビルへ向かいました。

外に出ると熱風が〜
ひゃ〜まるでオーブンの中にいるような乾燥した暑さです。

西海岸は、車社会なので、空港のレンタカー施設も大規模です。
今回の旅でも、日本から来る皆さんをお迎えするべく前日入り。
先ずは1台目のレンタカーを借りて、宿泊先へ向かいました。
今回は水色の車。
冷静さを求められるカラーですね!

久しぶりの運転&久しぶりのアリゾナの地で、
高速道路の乗り換えも、最初はちょっとおろおろしていました。
でも!
安全第一なので、乗り換えできずに大回りして
迷いながらも
一人で運転のコツを取り戻していきます〜。

翌日皆さんが無事到着されると
再びレンタカー会社へ。
こうして返却する時の道も確認しておきます。
本当は白い8人乗りの車だったのですが、
ナビがついているのに変更して、さらにアップグレードされ、
大きな赤い車になりました!
f0095325_00395786.jpg

こちらの運転は、眞利枝先生の旦那様にお願いします!
前回のシャスタの時は白。
そして今回は赤に変更され、なんだか意味深な車が采配されました。

f0095325_07254704.jpg

運転中の様子〜
アリゾナの砂漠地帯や、グランドキャニオンの見渡す限りの平野を
ガンガン運転しました。
ナビがないと心配ですが、
今回も助手席にはいつも頼りになるナビのお助けがありました。
皆さんに助けられ、運転手頑張りましたん。

f0095325_07254836.jpg

とにかく暑いけれど、
単調な道。
眠くならないように、皆さんが楽しい会話を盛り上げてくれたり、
音楽を聴いたりとやりくりしながらの珍道中です。
ありがとう〜!

f0095325_05552423.jpg

こちらは大きな車にもかかわらず、馬力が私の車の倍ということもあり、
高速になるとずっと前方に行ってしまい、
必死に追いかける私でした。

f0095325_05552502.jpg

暑さ対策、日焼け対策が欠かせない運転でした。
水分補給も大事でした!
水筒を持参したおかげで、冷たい水をいただくことができ、
旅に出ると日頃何気なくできていることが、
感謝でいっぱいになります。

旅の間は何度も面白ハプニングがありました。
私の車と別れた赤い車は、砂漠のような道に入り込み30キロ程走行したそうです。
迂回路だったようで、難なく合流できましたが、
砂漠の運転はきっときつかったでしょうね。
すごく揺れたそうです。
乗車していたメンバーに「大丈夫でしたか?」って伺うと
「いや〜私達が揺れることで、柔軟に開放される必要があったのでしょう!」と
軽くジョークで交わしてくださり、シャスタからつながる、
「流石!」の広島旅チームです。

f0095325_07254835.jpg

朝日を見にグランドキャニオンのヤバパイポイントへ
帰りに車で記念撮影??
f0095325_07254810.jpg

眞利枝先生も一緒に〜♡♡

f0095325_07254818.jpg
こちらは私達8人のメンバーを乗せて
アンテロープキャニオンへ連れいてってくれたお姉さんと!
細かい砂漠の砂の中、車を走らせて現地へ連れて行ってくれたのです〜
こちらもなかなかのドライブでした。
f0095325_05552501.jpg

広がる広野を走り、
グランドキャニオンのような岩肌の間を走り、

西部劇を思い起こさせる広野をひたすらまっすぐ。
f0095325_00395748.jpg

雄大なアメリカの大自然を満喫したことを言うまでもありません。
今回も2台の車を駆使して〜
ありがとうございます!車さん達にも大感謝!

そしてさらにちょっとした最後のアクシデントに大笑いの私達♡
を激写する眞利枝先生♡
f0095325_11330225.jpg

実は赤い車の鍵を返却し損ねて空港に戻るシャトルバスに乗車してしまったのです!
あらら〜で、返却にいったチームで大笑い中。
以前の私だったら、自分一人でも戻って返却に行ったことでしょう。
でも手放しをしなくちゃいけない今回は、
一緒に乗車したお姉さんから「シャトルバスの運転手さんに渡せばいいわよ〜」って
アドバイスをもらって、それを実践してみました。
すべてのレンタカー会社のシャトルバスの運転手さん。
以前ならそのリスクを背負うことはしなかったかも。
でも今回は、もういいや〜とサレンダー(開放)してみました。
運転手さんにはチップをお渡ししましたが、
もちろん問題なく返却してもらえました。
その後ホテルのバスの運転手さんにこの話をすると、
「よくあるんだよ〜今の車は鍵がいらないボタン式になっているからさ〜」
「俺なんかこの間、20ドルあげるから鍵を返却してほしいって、
見知らぬ観光客に頼まれたよ!」
そうか〜よくあることなんですね。
やっぱりアメリカ!
こんなアバウトさが、ちゃんと手配しても裏切られることもある
そんなゆるさが大事かもね!

それからまた最後に面白かったのは、
朝6時のフライトでロス経由で日本へ向かう皆さんのために
ホリディインのホテルシャトルバスの手配をしたところ、
すでに予約が入っていて、私達は受け入れてもられないそう!
え〜!だってここにした理由はシャトルバスのためでもあったのに(涙)
仕方ないので、10人分のタクシーを予約してもらいました。
準備万端と思ったら〜!!
朝になるとやってきたのは普通の白タク。
4人しか乗れません!
は〜? またしても!
でも今度は、予約していたシャトルバスのお客さんが来なかった。
なので、残された6人は無事ホテルのシャトルバスでこれましたとさ。
あ〜もうそれじゃあ、タクシー予約要らなかったかも〜!

まあそんなこんなであたふたと空港でチックイン。
それも一癖も二癖もある。(当たり前)
で、やれやれ私のNYのフライトはお昼なので、
皆さんを送り出してからまたホテルのバスで戻る帰り道。
運転手さんから、
「予約していたホテルのお客さんは、
飛行機の方がダブルブッキングで乗れなくなったんだよ〜」
「だから急にバスが空いたのさ。」
まあ日常的にアメリカに暮らしていると、
至る所でその場をしのぐ体験が多いアメリカですが、
10人で2台の車で移動してハプニングは楽しさ!と受け入れられて
本当に良かったです〜
最後の話が長くなりましたが、
車にまつわる旅のあれこれでした!
じゃんじゃん。(爆)
[PR]
by artofnature | 2015-07-08 11:56 | Travel | Comments(0)

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧