<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

NYの日輪

今日の午前中の太陽に日輪(太陽の周りの丸い虹)ができていたのを
ご存知でしたか?
癒しのエネルギーが満ちると現れるように思います。
世界の多くの人が日本へ向けて祈りの心を持っています。
今まで以上に多くの人が日常の中で祈りとともに
過ごしているからでしょう。

列車からEmiさんが激写してくれました。
私のブログの多くの写真はEmiさんのお陰です!
ありがとうございま~す。

f0095325_11485840.jpg
f0095325_11491262.jpg
f0095325_11492483.jpg
f0095325_11493557.jpg

マンハッタンにも早咲きの桜が咲いていました。
春はもうすぐそこですね。
f0095325_11495676.jpg

[PR]
by artofnature | 2011-03-31 11:52 | NY life | Comments(2)

シンクロ

毎日が感謝と祈りで過ぎています。
日本のこともそうですが、
ココアが毎日精いっぱい生きています。
身近な猫という命でも、生と死の狭間を見ると感じてしまいます。
f0095325_12245616.jpg

先週の水曜日からずっと仕事が続いていました。
お仕事が続くとココアも連動してしまうのか、体調が思わしくないことも。
今日はお休みだったので、
のんびりすることができました。
そうするとココアものんびりするので、咳もほとんどすることなく、
落ち着いていました。

ご心配くださっている皆様に感謝です。
ありがとうございます。
f0095325_12287100.jpg

f0095325_12283578.jpg

[PR]
by artofnature | 2011-03-29 02:13 | | Comments(2)

虹の思い出

2008年の12月、ペルーにあるマチュピチュに3度目の訪問をしていますが、
この時にも、たくさんの虹太陽の周りに丸くできる虹、それも二重の虹を
みたことがありました。
過去のブログで色々紹介していますが、
久々自分でも読み返してみました。
f0095325_1146856.jpg
f0095325_11462094.jpg
f0095325_11463317.jpg

神秘的な虹でした。
f0095325_11464979.jpg

この太陽の周りにできた丸い虹はこんな不思議な遺跡の上で見たのでした。

ああ、そうだった。
読み返し、そう思い返しました。

この震災で大切な人をたくさん亡くされた方がいると思うと
とても切なく思うと同時に、
亡くなった方々の思いを受け入れて、
そして生きるという心を強く持ってほしいと思います。
簡単なことではないけど、その体験のはしくれをさせていただいた私も
受け入れたことでどんなにか人生が大きく強くなったかと思います。

そして、いつも支えてくれるそんな感謝の気持ちの中
日々を過ごすことができるのです。
見えないけれど、身近な人はいつでも守ってくれています。
いつでも残された私たちが、幸せに過ごせるように見守っています。

私たちには試練に見えるけれど、
それは大きな喜びに代わる学びをあたえてくれる人生で、
その中でもがく私たちを
大きな大きな愛で支えてくれています。

ありがとうございます。
[PR]
by artofnature | 2011-03-25 11:27 | 思うこと | Comments(4)

祝福の虹

新しい場所に移住することになった、Keizo君がその地に向かうまじか
素晴らしい2重の虹を見たといって、写真を送ってくれました。
このところ嬉しい写真をみることが減っていた私にとって、
それは素晴らしい贈り物でした。
皆さんともその写真を共有したくて、ブログに載せることにしました。
f0095325_22304910.jpg

とっても大きな大きな虹で、車窓から取りきれなかったとのことでした。
きっと実物では何倍も素晴らしいことでしょうね。
私も見てみたかったな~!

虹は祝福を表すともいわれていますし、
また虹は「希望の象徴」とも言われています。

知らなかったのですが、絵画療法では
虹色というのは人生のターニングポイントで出会う色だそうです。
それまでのいろいろな経験を通して味わってきた様々な感情が
色の束となって表現されるのだといいます。
また二つの場所をつなぐ懸け橋とも言われています。

雨上がりに虹が出来るように
ひとつの節目が終わって新しい人生の始まりを迎える時
人は無意識に虹色を描くのだそうで、
宇宙がそのまさに新たな転換を迎える人にも
祝福を送るべく空に虹がかけられるのでしょうね。

色々調べていたら、マザー・テレサの言葉を見つけました。


虹は七色、いろんな色をもって全体は一つ

人間も一人ひとりが個性をもって みんなは一つ

虹は心と心の架け橋

虹は天と地の架け橋

虹はインドと日本の架け橋

虹は神と人との架け橋

虹は天からのメッセージ

f0095325_2231215.jpg


新しい地で、新しい生活を始められるKeizo君に祝福あれ!です。
[PR]
by artofnature | 2011-03-23 22:29 | 開運 | Comments(3)

知人からの支援メール

今日頂いたメイルの中に、被災地の炊き出しを支援する
野菜サポーター依頼がありました。
今被災地に必要なことをサポートできる寄付です。
少額でも皆さんから頂いたら力になるように思います。

寄付の方法も多岐にわたってきました。
最近はインターネットバンキングも普及していますから、
海外にいても海外はもちろん、日本の口座からこちらに支援することができますね。

では皆さんご参照くださいね。


   東日本大地震被災地での炊き出し活動支援のお願い

さまざまな東日本大地震救済募金が始まり、すでに募金をされた方も多いと存じます。

さて、被災地では、未だに、温かい食事が食べられない方が多くいらっしゃいます。
被災地の方々に、温かい食事で、元気を出してもらいたいと、「被災地NGO恊働センター」が、霧島連山・新燃岳の噴火により被害を受けた宮崎県の野菜を使用し、東日本大地震の被災地で「炊き出し」活動を既に始めました。宮崎の野菜は安全性、味には問題無いにもかかわらず、火山灰の為、商品価値を失ってしまったもので、宮崎の多くの農家が被害を受けております。

「被災地NGO恊働センター」では、この二つの被災地を結ぶ支援活動を「野菜サポーター」として、支援してくれる人を募っております。NJ、NY、CTに住む仲間でこちらでも「野菜サポーター」を募る事にいたしました。「野菜サポーター」として、被災地での炊き出し活動にご支援いただける方は、一口20ドルからのご寄付をお願い申し上げます。皆様からの支援金は、三井住友銀行神戸支店「被災地NGO恊働センター」の口座に送金させて頂きます。

小切手の送り先:個人情報なので、下記メイルアドレスにお問い合わせください。

Memo欄には「Donation for earthquake victims」と必ずお書き下さい。

* この寄付金は税控除の対象にはなりませんので、その旨、ご了承下さい。 
* この募金活動結果のご報告の為、メール・アドレスもお知らせ下さい。

「被災地NGO恊働センター」の活動内容は、http://www.pure.ne.jp/~ngo/を御覧下さい。また、毎日新聞、2011年3月18日付けの「センター」の活動紹介記事を添付いたしました。
(このサイトをみたらインターネットバンキングで募金もできますよ。)

NY現地の皆さんで通常の小切手等での募金を希望の方は、

お問い合わせは:純子さん e-mail: junko.snyder ♡ gmail.com(♡を@に置き換えて)となっています。

毎日新聞 3月18日(金)16時1分配信 
「震災がつなぐ全国ネットワーク」の一つ「被災地NGO恊働センター」(神戸市、村井雅清代表)は、新燃岳周辺の農家から購入した野菜などを被災地に発送している。JAこばやしの農産物販売所(永田真彦店長)が注文を受け、13日には野菜など約200キロ、16日にはジャガイモや米、みそなど約300キロを送った。品質に問題はないものの、灰をかぶって商品価値が下がった野菜の有効活用と、被災地への援助にもなると地元生産者たちは喜んでいる。
 NGOは、2月初め、高原町で農産物などの灰除去・洗浄の奉仕活動をした縁から、野菜サポーター制度を企画、今回の救援物資発送につなげた。中越地震で炊き出しなどで活躍したNPO「キャンパー」(埼玉県行田市、飯田芳幸代表)とも連携し、宮城県大崎市にトラック輸送した。
 永田店長は「少しでもおいしい物を食べ、元気になってほしい。大変だと思うが、夢を持って頑張ってほしい」と激励していた。野菜サポーターは1口3000円。問い合わせは078・574・0701。【重春次男】
[PR]
by artofnature | 2011-03-22 23:39 | お知らせ | Comments(0)

頂いたメイルから

皆さんへ伝えたいメッセージが次々と手元に届いてます。
紹介したいと思います。

まず臨界をくいとめてくださった原発作業に従事している志願者の方についての
メイルを頂きました。


------- Forwarded message ----------

友達から回って来ました。
できるだけ多くの方々に読んでいただくために、転送してください。

皆さん
どうかお願いがあります
祈りを、皆さんの祈りを
今、福島原発で命がけで 我々の国、この日本を
国民を
あなたをあなたの
家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!
作業が成功するのを!
お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の
隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無い
と志願者となったようです。
その様な志願者が50名


時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募った
のです。
中国電力の原発勤務40年というある男性が。
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、
自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。
ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親 の
決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
志願者20名
翌朝、いつも出勤する時のように。
じゃあ、いってくる。
と言って玄関を出てたそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで
昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら。
私達は今、この時を
この時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロ
に近かったんです。
今のこの時間は彼等のおかげなのです。


お願いです皆さん
祈って下さい!
皆さんの祈りを
作業が成功するように
祈って下さい!
皆さんの想念を送って下さい!

今日 放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい
祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!
[PR]
by artofnature | 2011-03-22 02:06 | お知らせ | Comments(3)

私にできることって?

1999年から陶芸を始め、今もマンハッタンから1時間ちょっと
出かけたところにあるClay Art Centerにて、作陶を今も行っています。
最近はもっぱら自分のお料理クラスや
アロマで利用する陶芸作品を中心に作っています。

明日月曜日には、日本の震災支援をするためにミーティングが予定されています。
工房でも支援活動が、陶芸を通してすることになるのだと思います。
私にもできること。 
それらを通して支援をして、人がつながっていく大切さを
学ばせて頂いています。

3月19日には晴天の中マーケットツアーが朝8時半からありました。
定員の5人の皆さんが朝早くから14丁目のマーケットに集合!
そして約2時間のツアーを行いました。
これから春になっていく季節に合わせ食を整えて、
健康を保つお話やそれぞれのお店に立ち寄って、色々なお話。
私も楽しくツアーを行うことができました。
ツアーのあとはご用意させていただいた、三年番茶に
マーケットで買ったホットアップルジュースを加えて、
アップルクキチャとして、焼き菓子とともに公園のベンチでまったり休憩。
今日のこのツアー費用は全額日本への募金とさせていただきました。
ヒーリング募金の一貫ですね。
できることは小さいですが、無いよりずっといいですもの。
自分にできる範囲で行っていきます。
先日鑑定の方から嬉しいお返事がありました。
「鑑定料は日本商工会議所を通してRed Crossへ寄付しました。
私自身もRed Crossへ寄付をしました。」
そして
「毎日地震の映像を目にしていてちょっと心が苦しかったのですが、
清美さんと話せてよかったです。」
ともコメント頂きました。
現地でもっと過酷に向き合っている人もたくさんいるのですが、
自分ができることをしていくことが、日々の周りに人に癒しと笑顔を
配ること、祈りとともに過ごすことが今求められているのでしょうね。
[PR]
by artofnature | 2011-03-21 00:41 | 陶芸 | Comments(3)

平安の心

今刻々と伝わっている日本の被害の深刻さに
NYにお住まいの皆さんも、心を痛めて、
祈りの中におられると思います。
そして、活動的な皆さんは、様々な支援を開始しています!
私の知人や友人、生徒さんも色々な活動をされています。
実際に被害を受けながらも日本でお過ごしの皆さんもたくさんいて、
そして今電力も足りない中、関東一帯の計画停電が続いています。
今から心を落ち着かせて、何がベストなのか
それぞれができることを心の平静を保ち見極めていくことに
なるのだと思います。

私が今まで紹介してきたマクロビオティックには伝統的なお食事が
たくさん取り入れられていて、そして実は食事自体がとってもエコなんです。
そして、KIJXプログラムの中には
このような心の痛みを感じている時に、心を癒し、
体を落ち着かせてくれる色々な情報と実践があります。
先週の土曜日はBasic Iの第二回目の調理実習と講義でした。
この回のお料理では心の痛みを和らげる、植物の優しい波動を
頂くことができました。
f0095325_022249.jpg

実際に震災の近くにお住まいのご家族がおられる生徒さん達も
お食事を一緒に作り頂いて、とても落ち着いたように思います。
遠く離れている私たちは逆に日常を感謝し、
意識して平静をつとめる必要があるのでしょうね。

そして翌日の日曜日にはKIJXのアドバンスクラスでお手当をさせて頂きました。
この災害によりインターネットで日本の報道を見ることができるようになっていますが、
逆にそのせいで、目や肩の疲れや痛みを感じる人が多いように思いました。
改善するために、アロマをたらしたホットタオルを目に当てて横になって頂きました。
私たちが自愛を忘れず光として、そして毎日に感謝して過ごす。
そんなことが多くの皆さんに理解されるように思いました。

余談ですが、この停電で、
たくさんの都心に住む人達がご実家を訪ねられているそうです。
今年は人が集い集まり、そして未来につなぐ意味が
九星氣学でも指し示されていますが、
家族が集まり、語り合いそして食を共にすることができる。
おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行く。
いつもテレビゲームなんかしていた子供も、今は節電だからできないだろうし、
電気に支障がきたことで、多くの人が食を共にすることができる。
停電だから節電で、みんな同じ場所で暖かさを共有して過ごしている。
その意味がきっとあるのでしょう。
そしてその電気を今までたくさん供給してくれた原発というものに
批判するだけなくて、今までそんな大仕事をしてくれていたこと、
その仕事に感謝する気持ちを持ちそしてこれからの安全な電気供給転換へ
日本は挑戦されているのでしょうね。
色々と話をあとから聞いて、本当だ!と思ったことがもう一つ。
震災後寒い日が続きましたが、それは自然が原発の被害を食い止めるように
寒くしていたというのを聞いて、被災者の方々は寒い思いをしたかもしれませんが、
少しは水の蒸発が控えられたかもしれませんね。
地球ってすごいと思います。
ありがとうございます。
f0095325_023773.jpg

[PR]
by artofnature | 2011-03-21 00:24 | マクロビオティック | Comments(2)

放射線に負けない対策食事法!!

日本では被爆問題が深刻になっていますが、
マクロビオティックではその理論を理解すると、
容易に対策法を考えることができます。

日本にいるマクロの友人のブログでは詳しく岡部先生の記事が
紹介されています。 
ぜひご参考ください。

ようするに陰性な被爆を陽性な体で対応する。
酸性な体でなく、アルカリ性の体で対応する!なんです。
保存食の味噌、梅干し、そして昆布(自然のヨウ素があります!)
どれも常温で保存でき、そしてよくよく噛んで食べたら
避難時でも食することができます。


被爆を防ぐには、しばらく甘いものやフルーツ、アルコール、体が酸性に傾く陰性のもの
それらの摂取を控えることが大切です。 

ぜひこちらのやすこさんのブログをご参照くださいね。

マクロビオティックを広げてこの困難な時期に戦う
日本の皆さんを応援し、祈っています。

それと、カリフォルニアでご活躍の鈴木千草先生も対策法をブログで紹介しています。
それはこちらです!

[PR]
by artofnature | 2011-03-16 11:37 | マクロビオティック | Comments(4)

ヒーリング募金

皆さん、体調は如何ですか?
日々刻々と災害の深刻さと、その被害の中で
素晴らしい姿勢を見せている被災者や日本の国民の皆さんの
心温まるエピソードを伺っていますが、
その遠く離れた海外にいる皆さんも心を痛め、
たくさんの支援を始めています。

そしてそのストレスから通常とは違う疲れも感じているかもしれません。
私たちが復興を支援するためにも元気で平静と平安の心でいることも
とても大切だと思っています。

私ができること、それを考えた時、
私は有難いことにヒーリングワークを色々学び、皆さんへ癒しを提供する
そういう立場にあるように思っています。
そこで、ヒーリング募金というのを設立しました。
もちろん私が自分から寄付するのとは異なり、
こちらは今後私がするヒーリングワーク全額を募金に役立てたいというものです。
これは私がこれから被災者支援に少しでも募金できるように、そして
それが継続できるように考えたものです。

今日から既存の鑑定やヒーリングワークについて始めることにしました。
そして今日は朝8時から、シカゴ在住の方へ九星氣学の電話鑑定をさせていただきました。
その方の鑑定料を、鑑定依頼者から直接寄付して頂くというものです。
この形式なら、鑑定を受けた方はその額面を税金控除の寄付として
申請することも可能です。

これから新たに九星氣学鑑定やレイキセッション等のスケジューリングをしていきます。
興味のある方はお知らせください。
今日の鑑定をさせていただいて思ったこと、
このように話し合い祈りの気持ちと前向きな姿勢になるだけで、
日々がよい進展になることを意識でき、そして心も体も健康で
支援できるように思いました。

ヒーリング募金以外にも陶芸作品やソイキャンドル等で募金も考えています。
それと祈りの集いもしたいと思っています。
色々考えが起こっていますが、また皆さんにお知らせいたします。
ありがとうございます。
どうか皆さんもご自愛の上、一日をお過ごしくださいね。
[PR]
by artofnature | 2011-03-15 20:57 | お知らせ | Comments(2)

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧