<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今、一瞬、一瞬が完璧

私たちは毎日~して、~があったらいい、今日は○○をするとか、
色々と目標をたてて生活していますよね。
でも実はその目標を立てるということ自体がエゴ(自我)を満足させるために
それだけの為に生きているということだと学んで、
そしてそれを実感できる気づきがあったので、
皆さんとシェアしたいなあと思い、投稿してみました。

私たちがその目先の目標や、欲望を達成させるためだけに焦点をあてて
日々生活していると、けっして満たされない、
不安や恐れで一杯になるということを知っていますか?
だって今日は~をしようと思って、それができたら、今度はじゃあ~ができるようにと
次へ次へと、私たちのエゴ(自我)は飽きることなく、欲し続けるのです。

それは決して満たされることのない乾いた井戸のように、
常に常に欲望が渦巻いています。

そしてそれは誰も当たり前に身についていることなので、
それを手放すなんてことは、本当はできないし、
それに気づくのも大変なことなのですが、
自分と宇宙にある偉大なワンネスのような神とつながる為に
存在しているといわれるホーリースピリット(ハイヤーセルフとか高次の自分の魂)
にお願いし、助けを求めると
自分のエゴを少しだけ客観的に見ることができます。
そしてそれを手放す試みをしている時、
ホーリースピリットに自分を委ねた時、
奇跡が起こるといわれています。
なぜならホーリースピリットは私たちの現世を五感や様々な場面をフル活用して
最大限に、エゴと体から私たちの魂は離れていて、
常に完璧なんだよと語りかけてくれるのです。

ホーリースピリットとそうした気づきができるようにする学びが
私が最近ハマって行っている「奇跡のコース」
A course in miraclesという教えです。
これは考え方なので、宗教とかでなくって、どんな人もしたかったらできることです。
そして、その奇跡を体感することで、魂の筋トレをしているみたいです。
エゴとは私たちは離れにくくすぐに、
今世だけに集中して人生のドラマの主人公になっているのですが、
でもできるだけそれを手放し、
お互いの魂を見つめあう学びをしてみることなんですね。
お互いの魂は、突き詰めれば自分の鏡なんです。
そしてその私自身の目の前に現れた相手が、
その学びを体験する機会を与えてくれます。
そんなことを意識していると、
少しだけでも、ああ今の自分でいいんだなとか。
これが欲しいとか~したいとかいう気持ちがなくなって、
今で十分という大きな心持ちにさせてくれます。

焦ったり、心配したりそうした些細な心の乱れが減っていって、
大きな心持ちでいられるので、その自分が落ち着きを促し、
実はやろうと思っていることを楽しくゴールがなくてもよかったけど、
あれ~できちゃったよ。みたいな客観的な立場で体験することができます。
頑張って○○するのと、優雅にゆったりと、でも実はずっと楽でそして
楽しくて、おおらかにできるならあなたはどちらを好みますか?

そしてもちろん大きな心持ちになって、
全てが完璧の意識に近づいていくと、目先のゴールではなく、
そのプロセスを丁寧に「今」を大事に生きようという意識も生まれ
「今」一瞬一瞬に満足できるようになるのですが、
それもそう願い学ぼうという意識でいて、助けを求めていいのですよね。
そうなろうという意識があることが、自分の今を大切に生きる始まりですもの。

色々と物思う秋ですね。
[PR]
by artofnature | 2011-10-31 23:03 | 思うこと | Comments(0)

ブレンドの楽しさ

今年の春から始めた、アロマセラピーの養成講座も
平日と週末のクラスそれぞれのペースで進んでいます。
平日のクラスは、精油個々の学びを始めています。
一つ一つの精油のラテン名から、産地、抽出法、植物の特徴
その精油の歴史、効能、化学成分、様々なことを学びます。
次第に精油を合わせる、ブレンディングの楽しさも
知識が深まるにつれて増えていきます。

最近の私のポーチには常時2種類程の精油ブレンドが入っています。
その中で、最近作ってお気に入りなのは、
オレンジホリディブレンドとなずけた、精油ブレンドです。
柑橘系の精油にもスウィートオレンジ、ビターオレンジ、
ワイルドオレンジ、ブロッドオレンジ、バーガモット、
ユズ、レモン、ライム、グレープフルーツ、ピンクグレープフルーツ等、
たくさんあるのですが、
これらの中から柑橘系を数種と、バーガモットミント、
そしてアクセントにシナモンバークをほんの少し入れたのですが、
とっても素敵な相乗効果で、この時期に会うブレンドになりました。
ホホバオイル等で希釈しているので、
手に数滴たらして、手首や髪の毛につけています。
ほんのり香る精油のよさは、手作りならでは。
自然で癒しの香りをブレンドしています。
[PR]
by artofnature | 2011-10-31 13:50 | アロマ | Comments(0)

おうちごはんとスウィーツ

最近、外食が続いたりすると、
すぐに体に反応がでるので、おうちごはんの時間も大切にしています。
数回友人が遊びにきたので、
おうちごはんも豪勢な感じです。
f0095325_313672.jpg

玄米巻き寿司を作ったり、
f0095325_322100.jpg

さっぱりしたお食事でも数が多いのですね。

f0095325_322065.jpg

f0095325_324340.jpg
最後にチョコチップクッキーを作りました。
手元にある材料を使ったので、
足りないものもありましたが、
代用品が以外にさっくさっくのクッキー
にしてくれました。
こうして新しいレシピって生まれるんでしょうね。
面白~い。

お教室でなくても、
お料理って好きなのかもしれません。
このところ単発クラスは
KIJXが忙しくてできなかったのですが、
11月には何か考えますね。

それにしても!
今外は大雪です!
10月なのに、ニューヨークは雪なんですよ。
どうして~?
[PR]
by artofnature | 2011-10-30 03:11 | マクロビオティック | Comments(0)

KIJX クラスの写真

10月の週末は一日もお休みがなく、
必ずKIJXのクラスが入っていたり、
その上、そのあとアロマのクラスや鑑定が入っていたりと
仕事が続いていますが、
クラスのお料理の写真がたまってきたので、
こちらでご紹介です。
f0095325_0282628.jpg

Basic Iの日曜日クラスも始まりました。
f0095325_0291130.jpg

土曜日クラスは第二回目の調理実習です。
f0095325_0292781.jpg

第三回目の補講クラスを急に平日設けることになりました。
ご主人の転勤で中国に行ってしまう生徒さんの為に設定したのですが、
ちょうど週末クラスでスケジュールが難しく、こちらに参加したいという方も
数名あったので、ちょうどよいクラスとなりました。
f0095325_031282.jpg

平日のBasic IIクラスの調理実習第七回目。
シーフードパエリヤです。 
長米種の玄米を使うのですが、とっても美味しいですよ!
こちらも最後のクラスでしたが、次はアドバンスへと進みます。
f0095325_0322537.jpg

週末のBasic IIクラスは少し遅れて、第五回目の巻き寿司の調理実習です。
太巻きの巻き方は、一度覚えると案外簡単にできるようになります。
生徒さんも習得して、上手に巻けたことをあとで伺うと
私もとっても嬉しくなります。
f0095325_0363217.jpg

アドバンスのボディワークのクラスは、寒くなってきたので、
セイタンシチューを作りました。
体が温まります。
今日も寒いですから、温かいちょっぴり濃い目のお味噌汁が
体をホッとさせてくれますね。
ぜひ皆さんお家で自分の為に美味しいお味噌汁を作ってくださいね。
[PR]
by artofnature | 2011-10-29 00:38 | KIJX | Comments(0)

朝日を拝む

皆さん、今日は格別寒いですね。
ニューヨークもとうとう秋から冬へと足音が聞こえてきました。
冬になると、私のお家から朝日が見えるようになります。
左に隠れていた太陽が、次第に南へ移動してくるのです。
今朝は格別パワフルな朝日を拝ませていただき、
皆さんにもご覧いただきたくて、写真を撮ってみました。
f0095325_0114556.jpg

f0095325_012922.jpg

数日前はこの4棟あるビルのちょうど真ん中から昇ったのですが、
もう右に寄っています。
f0095325_012397.jpg
f0095325_0125827.jpg

これから午前中の家の中はまぶし~い!です。

朝日を見るのは、とっても運気をあげることですよね。
朝日と共に、自分のエネルギーも上昇させて、
そして今日も一日充実させることができます。
朝日を浴びて、皆さんもチャージ(充電)しましょう♪
[PR]
by artofnature | 2011-10-29 00:18 | 開運 | Comments(2)

最近できた陶芸作品達

皆さん、こんにちは~。 前回の投稿で色々と反響を頂いて、
私自身本当に嬉しいことがたくさんありました。
こうして感じたことをシェアできるのは、
本当に素晴らしいことで、
それによって私自身にも更なる気づきがあることに
日々実感しております。 ありがとうございます!

それと、今ARTWESTCHESTER で陶芸工房の皆と展示をしています。
私もコミュニティーテーブルという部分のテーブルセッテイングに参加しています。
名前だけは載っているのですが、わかるかな~?
昨日の日曜版ニューヨークタイムズ紙にこの展示の記事が掲載されたそうですが、
残念ながらウエストチェスターセクションなので、マンハッタンの新聞には
なかったのかも~
お近くにお住まいの方はぜひのぞいてみてくださいませ。
マグがずら~っと並んだ展示もあるそうで、
そこには猫マグも鎮座しております。
しかし!まだ私も展示を覗いていません~近く覗いてみます!

先週は陶芸の窯焼きに加え、通常のKIJXクラス、アロマのクラス、
そしてさらに個人的なことや仕事での事務的な対応が続いていて、
慌ただしい日々を過ごしておりました。
でも!そんな時は深呼吸して、やらなければいけないことはない。
やってもやらなくてもいいから、でもやりたいならやってみようと
笑顔を作ってから取りかかっていました。

陶芸の作品達は久々でしたが、私的にとってもお気に入りの出来上がりでした。
まさに心の反映を感じましたので、
この次の作陶もそのように心がけてで、楽しく優雅に取り組みたいと思います!

f0095325_20444516.jpg

秋色猫マグさん達 久々大きめなカップ復活です。
f0095325_2045632.jpg

色合いが気に入りました!
f0095325_20452228.jpg

定番の湯のみさん、今回はすこしふっくらめ。釉薬は少し遊んでいるのですが、
白のグラデーションはわかりにくいかも?
f0095325_20454426.jpg

日本からリクエストがあったので、小さな花瓶。
遊びで猫を付けてみた。 ぴたっ。
f0095325_20455882.jpg

お教室に活用しようと思って作った小鉢
f0095325_20474133.jpg

すり鉢の釉薬が流れた感じが好きなので、ひっくり返って撮影です。
f0095325_20475990.jpg

こちらもクラスように作陶した作品。
f0095325_20482364.jpg

大変だけど、やっぱり猫マグは好きなのだ。
あ!写真は忘れたけど、猫の箸置きさんもね。
合計80品に及ぶ作品たちでした~(数えてみてびっくり!よく作ったわ~私)
[PR]
by artofnature | 2011-10-24 21:03 | 陶芸 | Comments(2)

気づきが今、光と愛に・・・

先日、友人の言葉から聞いた話が、心に強く、優しく
光となって、響きました。

とっても素敵な、でも当たり前の日常の中の気づきに
彼女がその気持ちをシェアしてくれた時、
そこにいた皆の心が温かくなって、
こういう気持ちをシェアするのって本当に大切な体験なんだなあ、
素晴らしいなあという気持ちと、
私自身も同じように感じたことなので、
その方からご了承頂いたので、
ブログを読んでいる皆さんともシェアできるように、
少しブログに書いてみようかと思いました。

彼女は10年前、世界貿易センタービルの事故でご主人を突然亡くしました。
その後の彼女の哀しみは、本当に辛いものだったと思います。
その頃しばらくは、たとえばバスの中で、幸せなカップルを目にすると
「ああ、私もそちらの方にいたはずなのに・・・」
そして愛する人は今ここにいないという哀しみで、幸せなカップルに対して
良い感情を持つことはなかったと話していました。
でも時間を経て、亡くなった人も見えないないけれど近くにいるという意識や、
様々な体験と、精神的な成長を経て、彼女は同じような状況を目にした時、
以前のような哀しみに包まれることはなく、
むしろその同じように仲良くしているカップルを目にした時、
彼らへの祝福を送っている意識に気づいたそうです。
それは、決して奇跡ではなく、あ~という大きな感動でなく、
ただ心をゆっくりと温かくしてくれる気づきの中の意識だったそうです。

同じ日常の暮している中で、
ただ、自分の意識が変わっただけのこと。
でもその意識が変わることで、
こんなにも温かく、優しく満たされている。
全く同じ景色でありながら、意識が変わったのなら、
感動と喜びを与えてくれるものとなる。
そんな気持ちを彼女のゆったりと紡ぐ言葉を通して伝えられた時、
私たちに輝く光と愛が、確実にそして水面に落とされた小石のように、
ずっと先まで輪のような波紋になって届いていくのでした。

私もこのお話を聞いた前日に、ある感動を体験していました。
その日はKIJXの最後のお料理実習があったクラスの後で、
クラスの後のキッチンの片付けに、少々うんざりした気持ちがあったのでした。
この日はできたら陶芸工房にいっておかなければならない用事があったので、
早く片付けて行かなくちゃという気持ちがありましたが、
なんだかこうしなければならないとか、急がなくてはいけないという意識が
面倒になってきて、
「もう行かなくてもいいし、どちらでもいいや!」という意識に代わり、
そして洗い流しをする時に、少し瞑想するような意識で
やらなければならないと思わず、取りかかってみることにしたのでした。
すると意識の中に焦りがなくなって、ゆったりとした気持ちになって、
片付けはいつもより楽に、優雅に、そして早く終わったのでした。
ちょっと驚いたことでした。

意識が変わるだけで、物事の速度や対応もかわるものだなあと実感し、
そして陶芸工房に行ってみる気になりました。
最近女子力アップ中の私は、なぜかいつも陶芸に行く時は
カジュアルな汚れてもいいようなそういう服装で出かけるのに、
そうでなくて、ブーツをはいて、自分なりのおしゃれをして出かけていきました。
陶芸工房に着いたのは4時半過ぎていたので、
いつもなら、一緒に窯焼きした仲間はいないはずでした。
でもこの日はまだ釉薬をかけていたりして、工房に残っていました。
一人でないことに驚いたし、素焼きができている猫マグをみると
たいてい80%が成功率なので、1個か2個かけたり、不具合があるものなのに、
全部きれいに焼き上がっていました。
すごく嬉しくて、仲間からもよかったねと言ってもらえることが
本当に有難いなあと感じて、
「ああ、今日は陶芸工房にこれてよかったな。」と思いました。
そして仲間と一緒に陶芸の作業をすることができました。
おしゃれしてきた私をみて、「どこかに行くみたいにオシャレにしていて素敵ね」
などと、コメントされて照れながらも嬉しかったり・・・

そして、これは奇跡ではなくて、日常にある偶然のよかったことみたいな小さな事です。
でも意識が変わっていると、これらのことが本当にとても有難いと感じるのです。
そして感謝の気持ちになって、温かい気持ちで優雅に仕事が片付いて行くのです。
私はこの陶芸工房にもう7年か8年くらい通っていると思います。
この工房の同じ場所で、様々な体験をしてきました。

先ほどの彼女のように、夫を亡くした私は、
その工房で皆が元気に作陶している時、心がまだ痛くて、開いていない時は
本当に皆が同じように今交わしている言葉の中にも、不満とか恐れとか、
憤りなどを感じていました。
色々なエゴが、「あ~みんなはいいよなあ。私は...」と感じて、
同じ工房の同じ場所で幸せではありませんでした。
そういう時は、作陶もうまくいきませんでしたし、
亡き主人の骨壷をつくろと決めて、哀しい作業をしたこともあったので、
本当にここで色々な感情とエゴと向き合ってきたように思います。

そしてこの今は、穏やかな気持ちで、まだこうして陶芸を続けていられることに
感動し、そして同じ作業でもとても愛おしい気持ちになって、
丁寧な気持ちがこもっていくのでした。
そうすると全てのことがうまく行って、思っていたよりずっと早く終わって、
そして、この日は駅まで工房仲間が送ってくれてと、
奇跡のような一日だったのでした。

それは本当に自分の意識が変わっているだけのこと。
でもこれは本当に大切なこと。
それを実感できた自分にもすごく嬉しいし、
今一人でいても温かい気持ちになっている。
そんな素敵な一日を贈り物として頂いたような気持ち...

でもこの日常の表面的な体験は何一つ変わっていないのです。
陶芸に行き、仕事をしてきただけのこと、
どこか素晴らしい場所に行ったのでもないし、
珍しいことや違う人にあったことでもない。
でも自分の中に、こうした意識があると、全ての日常の出来事に
感謝と愛があふれること。
それに今とても感動している自分に「ありがとう」と言えること。

そんな気づきを強くしっかりと、そしてぎゅ~っと体験させてくれるのは、
私が皆さんとその意識を、体験をシェアできるということ。
そんな意識をくれたのも、先ほどの彼女が私にシェアしてくれたから...

今優しい光が私を包んでいます。
皆さんの愛の光も感じています。
[PR]
by artofnature | 2011-10-18 13:53 | 思うこと | Comments(7)

あなたの光

f0095325_21552874.jpg


聖ミカエル塔の中で撮影した写真です。
イギリスの妹が送ってくれました。
私たちの中にある光が反映しているように思います。
いつもそこに届くように、心の祭壇を磨いて、
そして心の筋トレをしていくことで、
自分の思いこみや、エゴ(自我)から解放されて
本当の愛と光だけに包まれるよう、
日々そのプロセスを続け、体験することが生きていることで、
そしてそれをシェアすることでまた優しく広がっていく、
そんな日常の中の気づきが大切なんだなあと知らしてくれる光です。
[PR]
by artofnature | 2011-10-15 22:00 | Travel | Comments(0)

あちらこちらから

昨日今日とあちらこちらから、
旅の写真が届きました。
イギリスに住む妹は、英国レイラインの最西南を訪ねています。
コーンウォール州にある、レンズというところです。
朝届いた写真に目を奪われました!
f0095325_22101722.jpg

素敵!
今度ぜひ訪れたい場所です。
ロンドンから車で6時間程かかるそうです。

レイラインとは、イギリスで生まれ、「レイ」とは「光」のことを意味します。
光が一直線に進むように、聖地を刺し貫くことからそう呼ばれたそうです。
また、最初にこのラインを発見した
アルフレッド・ワトキンス氏が、
ライン上に「レイ」という名の付く地名が多いことから
そう名づけたともいわれています。

イギリスのレイラインの多くは、
ケルトあるいはそれ以前の時代にまで遡る遺跡を結んでいるといわれていて、
もちろんおなじみの、ストーンヘンジや、ミステリーサークルも含まれています。

このレイラインは、イギリスだけではなく、世界各地で、
または国の境を越え長大なラインもみつけらているそうです。
もちろん日本にもあるそうですよ。
翌日は、今度は日本でも大人気になっているイギリスのグラストンベリー(Glastonbury)の
トール(Tor)という場所を訪れているそうです。
この場所もとっても有名なパワースポットで
小高い丘の上に聖ミカエル塔があります。
異界への入り口と言われている場所だそうですよ。
f0095325_2374724.jpg

お~たったいま、妹から送られてきた、塔の写真です。
私も何だかそこに行った気分!
ありがとう~妹よ!

最近のテーマは皆さんに新しい扉をお伝えすることが多いですよね。
今日の投稿もそんな感じがしています。
私たちが日常目にすることだけでない、
新しい意識と感覚を刺激する、そんな扉を皆さんが開いているんでしょうね!

大天使ミカエルの聖地は、マリア様の聖地のレイラインと交差しているそうで、
このレイラインが交差するというのも更なるパワースポットと言うことらしいです。



とここで、ちょっと一息。
f0095325_22172634.jpg

そして最後になごみの一枚を。
日本からEmiさんが送ってくれた道で遭遇した猫ちゃん写真で~す。
まだ若い猫ちゃんだにゃん。
[PR]
by artofnature | 2011-10-13 22:19 | Travel | Comments(0)

新学期 Basic I ♡

8日の土曜日に、新しいクラスが始まりました。
Basic I の週末土曜日クラスです。

初回はいつも皆さんが、マクロビオティックのお料理教室の面白さや
違いをしりつつ、浄化され、癒されて時間を共有させていただきます。

最近お話していることですが、
お食事の中にマクロビオティックを取り入れていくと、
自分がどうしてこの世に生まれ、何を学ぶ為にやってきたのかという
深い気づきにつながることができるようになります。
そこに到達するには少し時間がかかるかもしれませんが、
体がしだいにぶれないよい心持ちになり、
そういう落ち着いた深い考察もしやすくなるのですね。

f0095325_21342589.jpg


さっとブランチしたお野菜は大きな葉野菜があったので、
巻すで巻いて、ちょっとしたプレゼンテーションを考えてみました。
カボチャのドレッシングを付けて頂きました。
シンプルだけど、ほっと暖かくなる女子力アップのお料理です。
この初回クラスもたくさんしてきましたが、
毎回毎回集うメンバーで異なるエネルギーを共有しています。
ご縁があって集った皆さんとまた楽しい学びができることに
深く感謝しています。
ありがとうございます。
[PR]
by artofnature | 2011-10-12 09:05 | KIJX | Comments(2)

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧