春のセントラルパーク

先週くらいから、ニューヨークも春を感じる日が多くなってきました!
昨日は雨でしたが、今日も快晴!
お散歩が楽しい、なんだかわくわくする感じです。

先週の日曜はまだ肌寒かったのですが、セントラルパークに
軽食をもって出かけてきました。

f0095325_3123747.jpg


桜が咲き始めていました!
そして、その下で吹奏楽風の音楽を奏でているグループ。
ゆったりした曲で、日曜ののんびりした気分にあっていました。
右の芝生は夏になるとオープンするスペースですが、
今はまだ芝生の生育を助けるためもあり、クローズ。 それでも一面の緑を見ると和みます。

f0095325_3275735.jpg
コロンバスサークル入り口からの、若葉の始まりのような黄緑に惹かれますね。
ほんとにいつもよりたくさんの人!
ニューヨーカーもこんな日は自然を求めるのでしょうね。
f0095325_3304042.jpg




72Stのイーストサイド出口付近の桜も見事でした。 
色が濃くてぽってりしている感じ。 アップで撮ってみました。






f0095325_331883.jpg

明日はきっと満開でしょうね。 この写真をとってからちょうど一週間たちますから。
また行ってみたいです。
[PR]
# by artofnature | 2006-04-16 03:34 | NY life | Comments(2)

桜祭 at Brooklyn Botanical Garden

桜の時期になると、ニューヨークのブルックリンボタニカルガーデン(http://www.bbg.org)
でも毎年、「Sakura Matsuri」というイベントが行われます。 
この植物園にはとても知られた日本庭園のセクションがあり、ここの桜はとても素敵です。
毎年楽しみにしている方も多いと思います。
日本人女性画家、澤野水纓さんは、このイベントの桜をテーマに
長年ポスター用の油絵を描いておられます。
そして、今年の桜の絵をお披露目する会が、4月6日木曜日の夕べ、
このブルックリンボタニカルガーデンで行われました。
f0095325_1550478.gif

こちらが、今年のポスター
実物の油絵は本当に素敵です。
過去何年かの作品も同時に展示されておりました。

f0095325_15492150.jpg

こちらは2003年の時の絵です。
たくさんの過去の作品を一度に拝見すると展示会場は、春爛漫です。
それぞれ、個性のある、一点一点味のある素晴らしい作品ばかり。。。

ご招待頂いた幸運に感謝するばかりの、春の夕べでした。
[PR]
# by artofnature | 2006-04-08 16:05 | NY life | Comments(0)

セドナ

旅行が大好きな私の最近の旅のテーマは、地球のツボを訪ねる旅です。
人間にツボがあるように、地球にもパワーがあるツボがあると常々感じています。
一番初めに地球のツボを意識した場所は、バリ島でした。
バリ島は結構皆さんも認めている場所ですよね。
私もバリ島からスタートしました。
いつかそこで起きた不思議なお話をしてみたいと思いますが、
バリ島以来旅について本当に考えが変わっていきました。

その後、ほんとうに色々なスピリチャルなパワースポットを訪れました。
セドナもそのうちの一つ。
地層がさまざまな形を創り出し、マグマのパワーを感じるような不思議な場所でした。
ボルテックスというそうですが、確かに足元から不思議な力を感じます。
地球の底知れない力を垣間見れる、場所です。
f0095325_927556.jpg

この景色は、セドナで一番ポピュラーで、でも一番力のある場所に私は感じました。
ちょうど中央の細い岩壁が人間が祈りをするときの手を合わせた形に見れます。
訪れる人々の心の「何か」を開く扉のような岩です。

たくさんの芸術家が、この場所を愛し、住み着いてしまったことから、現在観光と芸術が
融合したような土地になっています。
アメリカの大きな大地を感じる場所です。
f0095325_9453380.jpg


丘を登りきると、セドナの町を見下ろしながらティーポットと呼ばれる岩を見ることが
できます。 一番右側の小ぶりな岩の形がティーポット(縦に細長の形)に見えることから
こう呼ばれています。 広大な眼下に広がる景色は、なんともいえません。
[PR]
# by artofnature | 2006-04-06 09:49 | Travel | Comments(0)

私の愛する友よ!

現在5歳になる、雄のシャム猫を生後5ヶ月の時から、飼っております。
彼は、私のことをすごく助けてくれる、スピリチャル猫なのです。 
そう!彼の精神的サポートなくして、私は数々の苦境を喜びに変えるきっかけにしたり、
落ち着きを取り戻したりできなかったと思うことしばしば・・・

今日も、歯医者でかけられた全身麻酔と傷の周りの腫れで、ふらふらな私にパワーと
リラクゼーションをあたえてくれた彼。

今日の歯医者はそもそも四年前のさし歯をしたとき、
神経をとるルートキャナルをしたことが原因なんです。 
このルートキャナル(日本語ではなんと言うのでしょうか?神経根幹処理?)
で神経がの一部が残っているか何かが原因か色々あるものの、
内部で炎症を起こすことがあります。
私の場合、数日前から突然痛みを発し、いてもたってもいられないんです。
ほんとに歯痛のそれも、歯の神経の痛みってすごいです。
久しぶり体験した、パワフルな痛み。 ていうか初めてかも。
そんなわけで、きょうは歯医者さんから口腔外科専門の歯医者さんに行き、
歯茎を切開して、内部の炎症を取り除くかなり歯科治療でもディープな治療をしたわけです。

ふらふらな私のそばで一緒に寝てくれるし、時折じっと見つめる目に癒されます。
はては、このブログにちょっと気分がよくなったので、書込みしていると、
キーボードの横にうずくまり私の方を時折見つめる感じはなんとも心強い!

ありがとう、ココア。
f0095325_165013.jpg


話ができなくとも、通じ合うものを支えに共にくらしているのです。 
彼の名前はココアといいます。 なぜなら、かれの顔と尻尾を見たときにココア!と
思ってしまい、そんなインスピレーションで浮かんだ名前ですが・・・
[PR]
# by artofnature | 2006-04-01 16:50 | | Comments(2)

ありし日のアレンジ


今は少しお休みしていますが、しばらくNYでフラワーアレンジを教えていらっしゃる日本人の先生の所に、レッスンを受けに出かけていました。
エリー先生は草月流も勉強された方で、西洋のフラワーアレンジなのに、日本のよさも
取り入れている感じがします。
特に、先生の配色と花選びはとても素晴らしいのです。
そろそろ落ち着いたらレッスンしたいなーと思っているこの頃なのです。

ご興味のある方は、ぜひ先生のホームページご覧ください。 http://www.elliesny.com
あと、ブログもやっていらっしゃいます。 http://elliesny.exblog.jp  でございます。
単発のアレンジ教室も随時開催されていらっしゃいますので、こちらにお住まいのかたのみならず日本からご旅行中でも、楽しいかもしれませんよ!

さて、私は初級、中級、デザイナーコースを取り終えましたので、次回からはインストラクターコース!したがって、少し気合をいれてから開始したいと思っております。
春はお花が一番輝く時。 習いごともこの頃始めるのってお花のパワーもあいまっていい感じかも。

f0095325_14471811.jpg
そんなわけで、以前アレンジした私の作品を恥かしながらちょこっとおみせします!
デザイナーコースで、フリーアレンジした作品です。 







f0095325_14474890.jpg
こちらは、デザイナーコースの最後の作品です。
バラとあじさいが素敵なコントラスト。
インパクトのある面のお花を生かすために、結構苦労したアレンジでした。






f0095325_1553447.jpg
その後、友人の女児出産祝いにこんなコンパクトながら、白い籠の乳母車にのせたアレンジも作ってみました。
[PR]
# by artofnature | 2006-04-01 15:12 | フラワーアレンジメント | Comments(0)

大皿

ろくろで大物を作ろうとすると、手首の力がある程度必要になります。
したがって、女性には大皿はちょっと骨の折れる作陶であります。
去年の冬から今年の初めにかけて大皿に挑戦し続け、一枚だけ気に入った作品が
あります。 それがこのお皿。

f0095325_13485654.jpg


家で使っております。
やっぱり、自己満足!で自分の器で自分の料理を食するのが、楽しいひと時なのです。

手が小さい私にとって、小さい作品は気軽に楽しく作れますが、
小さな一輪挿しのつぼなどは、よく作ります。
これらは、日本に帰国の際にお土産として喜ばれております。(というか、もらって頂いております。)
f0095325_13525142.jpg


写真ではわかりにくいのですが、大皿は30cm程の物で、大物をお作りになる方には、
まだまだ、小さいサイズと思います。

つぼは8cm程の小物で、さらに小さいものは5cmなんてのもあります。
[PR]
# by artofnature | 2006-03-30 14:00 | 陶芸 | Comments(0)

Bikram Yoga

今日本でも流行の、ホットヨガ。
この本流といわれているのが、ビクラムヨガではないかと思います。

ビクラムヨガは、ロサンジェルスを本部に、現在世界中いたるところにあります。
サウナのような暑いスタジオで、26のアサナを90分で行うヨガであります。

私は、ニューヨークでこのヨガとめぐり合い、陶芸活動で長年悩みが多かった腰痛からも
解消されましたし、深い眠りが得られるようになりました。 それとともに、集中力も増し、
イライラから開放されました。 
ヨガは健康という意味で、一番体にあっているのではと思います。
体だけでなく、心をゆっくりと自分のペースで調整し、
安らかで満ち足りた世界に運んでくれるものだからです。

最近このビクラムヨガは、日本の銀座にもできました。
実は先日帰国の際に、二度ほど入ってまいりました。
機能的な設備、新設されたスタジオの新しい感じは素晴らしいと思いましたが、
残念ながら、ニューヨークで提供されている質には遠いと感じました。

まず、ヨガ本来のスピリチャルな部分が生かされず、あくまでエクササイズのような扱い。
先生はロサンジェルスで研修を受け、終わったばかりの新米の方々。
まだまだ経験不足なので、ニューヨークの先生方に比べますと、
私が言うのもなんですが、がんばれ!といった感じなのです。

ヨガについての説明もポーズに関してのみで、精神面や医学的な効果についての話には
届きません。 
日本のビクラムヨガの愛好者の皆様、ニューヨークにお越しの際は、
ぜひこちらのヨガに挑戦してください! 日本語クラスもありますよ。 
[PR]
# by artofnature | 2006-03-26 16:15 | yoga | Comments(2)

私のクラフトソーイング小物

子供の頃から洋裁が好きな私にとって、
NYの暮らしでも手芸活動が衰えることはありません。
むしろすごくアクティブになりました。
日本に帰国するたびに古い着物が使われないまま、しまわれ、果ては捨てられていくことを目にして、なにか生かせないかな?アメリカ人の人はこの着物生地で何かつくったら
好きかも!なんて想像しはじめ、色々作りは始めました。
f0095325_13375978.jpg

これは巾着風のポーチです。
数年前マンハッタンのクラフトセールで売りました。
アメリカ人の人たちには新鮮な巾着だったみたい。

f0095325_13403100.jpg

これは、パーティ用につくった小さなバック達。
とても好評で、完売しました。
最近はこのバックの形も少し変化していますが、相変わらず気に入って作り続けています。
日本にいる親戚の叔母様にも人気です。
帰国するたびに、以前作った私のバックを愛用してくださる様子を見ると本当に嬉しくなります。

f0095325_13434795.jpg
最近はまってつくったのは、アンティーク着物帯で作ったコサージュ。
少し大きめと小さめを中央のビーズで色々遊びながら楽しんで、作った作品です。


というわけで、もの作りはなんでも好きな私。 
つたない作品ではありますが、このブログで紹介できたらいいなと思っています。
[PR]
# by artofnature | 2006-03-19 13:48 | クラフトアート | Comments(2)

陶芸メンバーになりました。

はじめまして、新米ブロガーです。
長いこと、見学者だけだったブログですが、自分でも初めてみよう!と決意。
今日は初めての投稿です。

私、NY在住15年以上。  
現在、こちらにいながら陶芸の世界にはまり、クラフトの世界にはまり、
そして最近はヨガをするのにもはまっている日常の日記みたいな感覚で
ブログを始めてみたいと思います。

というわけで、今日は最近の陶芸活動についてお話します!
いままで、マンハッタンの陶芸教室でクラスを取り始め、アシスタントになり、
教室の雑務をこなしながら、細々と自分の作品作りをしておりました。
ですが、昨年この陶芸教室は惜しまれつつも諸事情により、閉館。
あらたな活動場所を探す日々が、続いていました。

マンハッタンには一桁とはいえ、かなりの数の陶芸教室がありますが、
スペースが狭く、私にとって、満足のいかないことが多く、
昨年末やっと探し当てた陶芸センターは、グランドセントラル駅から郊外へ電車で45分も
かかる場所でした。

たしかに遠いという欠点はありますが、メンバーになれば24時間アクセス可能。
かなりの大きさの棚や共有スペースを利用でき、
そして自分で作品を焼きますが、窯ごとの使用経費を払うのでとってもお得。
そして、申請して、空きができるのをずっと待っていましが、昨日とうとうこのメンバーになりました。 いままで、クラスをとったりしてなんとか続けていましたが、本当に嬉しいです。

というわけで、昨日は私のスペースになった棚さんたちの掃除と、
用具や土を運び込み、なんとか私の棚になりました。f0095325_123516100.jpg
初日というのに、こんな棚の写真・・・でも私にとってこれから、大切な棚です。
[PR]
# by artofnature | 2006-03-18 11:46 | 陶芸 | Comments(2)

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧