試験に向けて・・・

2月のフラワーアレンジメントの試験のみならず、もうひとつ挑戦しようとしている学びがあります。 それは、アメリカ唯一のアロマセラピストの全米資格である、ARCのテストです。 実は2008年よりアロマのクラスを受けており、このARC=Aromatherapy Registration Council の試験資格に必要とされるレッスンをARCの資格を有する先生から学んでおりました。 先生は週刊NY生活に連載もされている真理子先生です。 土曜日もレッスンがありました。 クラスは先生のご自宅で行われますが、いつもアロマのクラスらしいお茶をご馳走してくださいます。 今日はペパーミントにちょっぴりスペアミントがはいったさっぱりしたハーブティーでした。 
f0095325_13202259.jpg

教科書はとっても分厚いのですが、とても興味深い学びばかりでした。 今日は生物学の勉強でした。 人体の構造を復習し、その中で大変興味深いことを知りました。 人間の心臓も地球と同じように傾いているんだそうです。 宇宙の神秘ですね。
アロマの学びでは精油のことだけでなく、精油の歴史、化学構造、安全管理、カウンセリング等、様々な学びがあるんです。 精油がどのように体内に取り込まれていくのかも知る意味で、人体の構造を理解していきます。 試験ではこれらの多岐にわたる学びから250問が出題されます。 アメリカに長く住んでいるとはいえ、日本語と英語を両方知る必要があり、なかなか大変ではありますが、好きなことなので、学ばせて頂けているようです。 

今日は寝る前にプチグレンの芳香浴をして導引運動をしようと思います。 「小さな粒」の意味を持つプチグレンの名前は、もともとは熟す前のオレンジの小さな実から水蒸気蒸留で抽出した精油をプチグレンと呼んでいたことに由来するそうです。精油は落ち込んだ心を改善し、自信回復に効果をもたらすのだそうです。 私は夜になると反省というかちょっと気分がダウンする時がありますが、それを解消して、安らかな眠りを促すように思います。 プチグレンは、現在ビターオレンジの木の葉と枝から抽出されているため、森林浴のような効果もあり、柑橘系の精油にある、優れたリフレッシュの効能もあるそうです。 神経的な疲労に効果があるので、ストレスを感じたり、不安を感じたときにはおススメです。 ストレスで、消化器系の働きが悪くなり、食欲不振に陥ったときなども、優れた効能を発揮してくれるそうです。 体もリラックスさせてくれるので、呼吸や心拍数も安定し、筋肉の疲れを解きほぐしてくれる効果もあるそうです。
お休み前のブレンドの精油の一つとして取り入れられるといいかもしれませんね。
by artofnature | 2010-02-07 13:20 | アロマ

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る