人気ブログランキング |

インストラクターコースを終えて

エリー先生のところにお送りしたメッセージも、こちらで投稿してみました。
===========================

私がエリー先生のフラワーアレンジメントのクラスに通うようになったのは、
今からなんと10年前のことでした。 
自作のテキストを広げてみると2001年1月12日とあります。
その当時は先生もまだお教室を始めて間もないころで、
マンハッタンの生徒さんは少数で、
生徒さんの家を借りて行っておられましたね。
それが今は日系人会で
たくさんの生徒さんを抱えられる先生になられたことは、
素晴らしいことだと思っております。
2004年の6月まで、のんびりペースでプロ課まで終了し、
しばらくクラスからは離れていましたが、
自分自身でお花を楽しむ時間や、レストランでの生け込み、
自分の作陶したお花器を使う楽しみ、
日本のお花やさんでバイトをする経験を持てたのも、
これ全て、先生のクラスでお花を楽しみながら、
なおかつ実力もできたお陰だと思っています。
エリー先生、本当にありがとうございます。

2007年に急に夫を亡くし、精神的に辛かった時に、
お花をもう一度学ぼうと思ったのは、
また亡き主人も、エリー先生のレッスンをとった生徒の一人だったこと、
それに生花が生活の中にあるということが、
精神的な癒しをもたらすと深く感じたからでした。

先生のブログでも私がインストラクターコースを始めたばかりのことを
投稿してくださっていましたね。
私が、マクロビオティックの学びをするにあたり、
このインストラクターコースの学びも遅れがちで、
その上2008年から曲がりなりにも先生として、
マクロビオティックの講師として活動したために、
本当に困った生徒の一人だったと思います。
インストラクター修業時代も長かったものですから、他の生徒さんからは、
「まだインストラクターコースが終わられていなんですか!」
といわれてしまう始末でした。
私は、フラワーアレンジメントのインストラクターになれるのだろうか? 
試験までたどり着けるだろうか?
という不安を抱えたことも何度かありましたが、
そんな私に昨年2009年、
沖縄支部での先生の講師活動に参加させていただき、
そこでお花を通して出会った人達や、
沖縄という土地で時間を過ごせたことは、大きな支えとなりました。

そしてとうとう迎えた、昨日の大雪の試験日。
いつもこんな風に波乱含みなことが起きつつも、楽しくそして記念に残る
一日を与えたられ、無事に合格とさせていただきましたこと、
全てに心から感謝しています。
なにより、先生のパワーを頂いて、ここまでなんとか続けてこれたことに、
深く感謝しています。 ありがとうございます。

そして、あと1つか2つのレッスンを残しつつも
基礎コースを楽しく受けておりました彼に、
晴れてインストラクターコースを修了できたことを祈りとともに、
報告できることを本当に嬉しく思っています。
明日、2月28日は彼の命日になります。
私が、2007年に亡くなった彼の死を受け入れることができたのも、
お花を生ける時間を持てたこと、
これが一つのヒーリングになったことは、本当に言うまでもありません。
花を通して、知り合ったたくさんの友人、知人にも本当に助けて頂きました。

これからは、花を生ける喜びを伝える一人として、
先生の活動を支援する一人として、
このNYで、人生を楽しむ学びを広げていきたいと思います!
エリー先生、本当にありがとうございます!

                           野田 清美
by artofnature | 2010-02-28 12:09 | フラワーアレンジメント

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る