人気ブログランキング |

カテゴリ:思うこと( 43 )

植物の広がりと動かざるして周りを動かす力を思う

怒ったら、怒られる。
お金を出したら、戻ってくる
宇宙の計算はシンプルです。

でも応用編もあります。
それはマクロビオティックの食事をするようになってから、
精神世界の本を読み返してあれ?!と考えていて納得した、
実はすごくシンプルな話なんです。 

最近、投げかけたものが増えて戻ってくるというのが多いなあと
実感していたんですね。 
よく倍返しとかあるけれど、
倍以上というか私的にそんな変化球もあるの~!!
というくらい思いつかないとっても都合のよいラッキーなことです。 
精神世界の本ではそういう概念も話していましたが、
その体験をしている人の食べ方については言及していませんでした。 
でも、マクロビオティックをしていると、精神世界の概念を受け入れ、
わかりやすくなるだけでなく、
マクロビオティック食のような自然に沿った食べ方が
相乗効果、シナジーを生み出すんではないかということがわかってきます。

波動の増え方なので、1つを投げかけてもその1つが帰ってくるのではなくて、
何倍以上にもなって帰ってきます。 波紋が広がるようになんです。

植物ってすごいと思いませんか?
たった一つぶの種からたくさんの種ができるのです。
動物にはそれは構造上、少し難しいです。
子宮から私達が生まれてくるのは、たいてい一人、双子は時折、
三つ子、四つ子は珍しい世界ですよね。
でも植物にとって百、二百は当たり前なんですよ。
「一粒万倍」とはよくいったものですね。

また、植物は動くことができないから、
動物とは違った防衛方法や、伝達方法がたくさんあります。
実はそれは動物の動くことよりも迅速だったり、エコだったりするのですが、
マクロビオティックで植物をたくさん取り入れるようになると
その波動と同調するので、自分が動く必要がなく、
植物と少し近くなるのかもしれません。
なので、何倍にもなって帰ってくる波動の法則が理解できる?!
なんて想像は膨らみますね。

今日は精油の勉強の中で植物がなぜ精油を生産するのか
ということを復習していて、
それで今日のような「思うこと」があったのです。

たとえば、精油には、
環境整備効果→つまり自分の生えている土壌を守り、他の植物が育つのを避ける精油の成分があります。 特にPine等の松や、ユーカリの中にその成分が多いようです。
忌避効果→これは外敵や虫がよってくるのを防ぐ働きです。
抗菌効果→バクテリアやウィルス、菌の侵入から守ります。 抗菌作用のことです。この作用があるものが精油には多く、その恩恵を私たちは受けて、風邪予防に利用したり、活用できるわけですね。
誘因効果→自分が動けないからこそ、受粉をするために、昆虫を香り(植物フェロモン)で誘因すること、「引き寄せの法則」ですね。
情報伝達効果→精油の中にはホルモンのように情報伝達として働く効果もあるそうです。
また冷却効果や浄化効果もあり、植物自らが健康でいるために様々な働きがあるのですよね。
植物の広がりと動かざるして周りを動かす力を思う_f0095325_1356055.jpg

こんなことを学んでいると、
動かざるして周りを動かし、
そして生き抜いている植物のすごさを感じてしまいます。
by artofnature | 2010-04-13 13:30 | 思うこと

私もとうとう髪を切りました♪

先日の春の嵐から一転、暖かなを感じる日が続いていますね。
私もこんな季節になると、ばっさりと髪を切りたくなりました。
1月の大反響投稿記事も含め、散々皆さんをヘアカットへと導いているのですから、
私もここで思い切りました。
何年振りかで、肩より短くショートボブにしてみました。
髪が多い私ですから、肩甲骨をカバーするくらいあった髪を切ると、
こんなにたくさんになりました。
まるで生き物のようです。
私もとうとう髪を切りました♪_f0095325_652440.jpg

後ろから見たところ
私もとうとう髪を切りました♪_f0095325_653942.jpg
私もとうとう髪を切りました♪_f0095325_655465.jpg

右と左では微妙に動きが違うのも好きです。
私もとうとう髪を切りました♪_f0095325_661214.jpg


お料理クラスの時は、
手前の髪を後ろでまとめることもできるので、結構便利です。
今まで皆さんが体験されたいいこと、
さらなる運気アップが楽しみなこの頃です。
今日のBasic IIのクラスもとても楽しく行うことができました。
メンテナンスのため断水だったのですけれど、
準備OKで問題なくホッとしています。

サマータイムになり、日が長く感じますね。
今日はこれからお散歩行ってきます!
by artofnature | 2010-03-19 06:13 | 思うこと

答えがすぐにやってくる☆

モンテッソーリ教育法をご存知ですか?
私は自然農法を経由して、シュタイナーの教育法については知っていましたが、このモンテッソーリというのは知りませんでした。ブログにコメント頂いたご縁で、この教育法が気になりました。
「?」心にはてなが出てきたときは、いつも宇宙に質問しています。
教えてくださいと問いかけるだけです。 
でも宇宙は最近即答してくれるので、とても助かります。
何処から答えが来るのかは様々なのですが、
今回は疑問が出た後すぐに日本に電話した友人が
知っていて教えてくれました。
(でも彼女が知っているということは知らなかったのです。)
彼女、実はお産の家のことを書いていたMomoe先生ですが、
以前乳児院で、親のいない子のお世話をして、働いていたことがあります。
その頃に出会った教育法だそうですが、
20世紀初めのイタリアで確立した教育法だそうです。
この理論が設立したのは、貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」だったそうなので、Momoe先生がご存じなのもうなずけます。そして実は彼女もちょうどこの教育法の話題をこの日話していたそうです。この教育法の中で、教えて頂いて感銘を受けたのは、子供に壊す体験、間違えたり、失敗してそれを学ぶ体験というのを大切にしていることだそうです。 そして本物を扱うということを大切にしているそうです。本物の陶器、子供サイズでもそれは丁寧に使わなければ割れたり、かけたりします。 でもその体験が大切という教えらしいです。 確かに今の子供はかわいそうな部分もあります。 親が危ないからとか、こうなるからと先手、先手を打って、失敗から学ぶ機会を奪っているからです。 子供は自分の体験を糧にして大きく成長していきます。 モンテッソーリさんの意識をもって、子供の失敗を喜び、ともに体験するという育児もつながっているなと感じたのでした。

答えをもらってとても納得していましたが、それと同時にやっぱり私は育児とか子供たちとのかかわりが色々これからもあるのかもと感じました。 自分の子供っていうわけではなくて、私は、マクロビオティックや様々な知識や楽しみを提供して、子供を育てている女性のエンパワーメントをする役目があるのではないかと感じました。
by artofnature | 2010-02-16 22:57 | 思うこと

ご紹介頂き、ありがとうございます♡

先日、クラッシックバレエの先生で私のマクロビオティックのクラスにも参加してくださったKさんのブログで手作りについての投稿がありました。
とても素敵なお話なので、紹介させていただきました。 手作りの良さって、本当にありますよね。 私自身も最近は一人で食事する時でも、自分の器や気に入った知人の作品に盛り付けてから食事するようになりました。 以前は面倒に感じていたことが、今は大切なことになっていますし、食事をより楽しむことができるように思います。

また、先日はKIJXのプログラムに参加されている方のブログで、素敵な投稿をして頂きました。 こちらも紹介させてくださいね。 ちなみにこの投稿の中で、疑問に思われたアルコール摂取もマクロビオティックでは×なんてことはありません。 その人それぞれの体質もありますが、節度をもちつつ何事も楽しむことが基本です。 陰陽的にいえば、アルコールは陰性の飲み物なので、本来酒のおつまみは塩味のものが陽性なのでバランスがいいです。 仕事が忙しくて、キューっと陽性に傾いた人を、仕事の後の一杯はふ~っと陰性でリラックスさせるということもありますから、全てはバランスなんですね。 私も仕事が続いて、知人と外食する休日はもちろん頂きます♪ 以前はかなり飲みすぎな私でしたが、マクロビオティックになりエコな体のせいか、少ない量で、程良い酔いが続き、気分がいいので、深酒がなくなりました。 そうそう、二日酔いの朝に大根の味噌汁を飲んだらいいというのも、やっぱり陰陽ですよね。 味噌という塩味の陽性のものでありながら、大根は排出を促しますもの。 昔の人はよく知っていた。 マクロビ食の基本は伝統食からの学びでもあります。
by artofnature | 2010-02-12 22:23 | 思うこと

思いがけないオフの大雪の一日

今日のニューヨークはブリザード注意報が発令されています。 今もふぶいてきましたが、午後からもかなり雪が降りました。
思いがけないオフの大雪の一日_f0095325_13381039.jpg

午後のふぶいていたときは、窓からの景色はこんな風に真っ白でした~。

気温が高いせいか、マンハッタンはそれほど積もってはいませんが、この日、学校は臨時休校。 私も鑑定のご依頼を受けていた方のお子さんの学校も休校になったので、思いがけず、私自身にもオフの一日となりました。 今日は明日の九星氣学講座の為の準備や、お菓子作りにいそしみました。
バレンタインも近いので、チョコのスウィーツにはまっています。今日はクシガーデンのレシピをもとに、ガトーショコラを作りました。オリジナルソースとして、新鮮な金柑の甘露煮を作りました。 日本の金柑の形とは異なり、こちらは長細い金柑です。 英語ではKumquatといいます。 のどにいいそうですから、この時期にいいですよね。 有機栽培の金柑が手に入ります。 日本の金柑は苦みが強いのですが、アメリカは陰性のせいか、あまり苦みもなく、すぐ作れますよ。
思いがけないオフの大雪の一日_f0095325_13455615.jpg

思いがけないオフの大雪の一日_f0095325_13462068.jpg

すごくフレッシュなものが手に入ったので、生で食べても美味しいです~☆
思いがけないオフの大雪の一日_f0095325_1346371.jpg

今日は久しぶりに切干大根の煮物も作りました。
私的にコーンを入れるのが好きです。 甘くなりますし、色合いが好きです。
思いがけないオフの大雪の一日_f0095325_13482154.jpg

そんな一日、ココアは最近クローゼットの中の棚の狭~いところでお昼寝が好きです。
by artofnature | 2010-02-11 03:20 | 思うこと

お産の家

知人が「お産の家」を尋ねられたそうで、ブログに投稿していました。 その「お産の家」では昔ながらの妊娠出産を奨励し、この家も江戸時代のものを移築したそうなので、大変素晴らしい自然のよい氣がたくさんある場所になっています。 オーブ写真もたくさんとれるそうです。 私が紹介したかったのは、こちらの看板です。 すごい存在感なんですね。 よかったら彼女のブログでご覧になってみてくださいね。 →サイトはこちらをクリックしてみてください。← 私が思わずコメントしたのもわかります~☆
by artofnature | 2010-02-07 22:59 | 思うこと

愛猫の姿で、「吾、唯足るを知る」

寒い足元を暖かくするために、愛猫がとったしぐさから、老子の言葉を思いました。「吾、唯足るを知る」つまり、今ある自分に満足をするということです。

人間の欲望とは計り知れないもので、実は十分満たされている状況にあっても、その上をその上を目指してします。 しかし、今たとえどんな状況にあろうとも満たされていると感じることで、満たされていることを感謝することで、満たされるのであり、そう思わない不平、不満の状態という意識でいるがゆえに、満たされていないだけのことなのだと。

ちょこんと座って、スリッパの中に収まった姿、何も語らない彼(猫)の姿には、僕はこれだけの場所があれば幸せですと語っているように思いました。私がよく読む、小林正観さんの本の中でも、宇宙さんと地球さんと一緒にお茶をする会話という話がありました。 ある人が宇宙さんと、地球さんと喫茶店でお茶をしていて(ってありえないと笑わないでくださいよ~、摂理を理解するためのたとえ話なんですから)、その二人にむかって「あなた達のしていることは全てが気に入らないし、頭にきます。」といったとします。そしたら宇宙さんと地球さんは「わかりました」とってもう二度とその人の前には現れないでしょう。それとは逆にその人が「宇宙さん、地球さん、本当に色々とありがとうございます。 私はあなたがたのしてくださっていることすべてに感謝し、嬉しくて、幸せで、ありがたいことをたくさん経験させていただいています。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。」と言ったとしたら、宇宙さんと地球さんは「はい、こちらこそこれからもよろしくね」というのではないかという話です。つまり世の中には、宇宙さんと地球さんとかかわっているにもかかわらず、不平不満を言い続け、この二人を味方ではなく、敵にしてしまう人もいるというのです。 寛大な宇宙と地球さんは、敵になっても敵対的なことはしないそうですが、味方にはなってくれないので、その人は自分の人生を全て自分の力でやっていかなければならないということだそうです。

正観さんの別の本では「宇宙が味方の見方道」や「宇宙を味方にする方程式」等のタイトルの本があるように、宇宙、地球に生きていることを感謝して、満足して生きるということをお勧めしています。 味方になってもらって生きると、ありとあらゆることがものすごく簡単にスムーズに流れるようになると・・・
つまり感謝して、受け入れて、執着せずに今ある自分を愛して、また感謝して、楽しく生きていったらいいんだよ~ということですよね。 そしたら宇宙さんと地球さんが設けてくれた流れにのっていくのだと。開運するのもこの視点からですね☆ 

 正しい姿勢の彼(猫)を見つめていたら、そのうち目を閉じて瞑想?!しているようでした。 そしてそのうちうつらうつらとしてきたのか、ちょっと傾いたりして、ぐらっときて目を開けたりして、いつにもまして愛らしいお姿でした。 先日投稿した量より質にも通じますが、快適な暮らしとは生き方とは、一つの物を有効にいくつにも使い分けたり、そしてそんなにたくさん物はいらないよ、満足して、感謝して、生きていこうね!心のこだわりをそして解放していこうね!と問いかけられたお姿でした。 
親ばかだけど、猫のココアからはいつもたくさんの学びを頂いています。 ありがとう。
愛猫の姿で、「吾、唯足るを知る」_f0095325_13361172.jpg

by artofnature | 2010-01-30 23:25 | 思うこと

☆ 量よりも質を高く ☆

なんだか書くということにスイッチが入っているらしく、毎日いろんなことを書いています。ブログにも投稿していますし、テキストや手紙、様々書くということに魅せられているこの頃です。 さて、今日はお約束していた「量よりも質を高く」の開運知識についてお話したいと思います。

私たちの社会は便利になって、様々な商品や食べ物が世界中からやってきて、手元に届けられるようになりました。 その多様性には驚くばかりです。 便利なものもたくさん売られていますし、細分化されていて、以前なら一つの商品でまあなんとかやっていたことが、いくつもの段階を対象として物が売られたりもしています。 それから安いものも、使い捨てのものもたくさん出回っています。 確かに便利なようですが、それぞれの品に焦点を当てると以外と必要でなかったり、すぐ壊れてしまったりすることもあります。

たくさんの量を安く買い求めることもできるようになりましたが、私はもし運気をあげたいのならば、自分が囲まれているものも、最小限ではあるものの、質のよい丁寧に作られた、波動の高いものを多く取り入れるべきだと感じています。
 
食べ物で説明するとわかりやすいでしょう。 
丁寧に手作りされたお菓子と、工場で大量生産されたお菓子、カロリー、原料は同じでもこの食べ物の中には大きな違いが存在しています。 それは作り手のエネルギーです。 手作りというものはこれ全て作り手が直接影響しています。 もちろんイライラして作ったら美味しくないかもしれませんし、その場合はあまりよいエネルギーでないので、逆効果かもしれません。けれども丁寧によい職人のエネルギーが入った物はとても高い波動を生み出します。 先日オープンしたばかりのビーガンショコラティエでチョコレートを一つ頂きました。 その職人の作ったチョコレート「海塩チョコ」は驚きの波動でした。 まず甘くない塩なのに、チョコの美味しさはあり、食べた満足感が大きくて、もうこの一つで今日はいりません!と思うくらいでした。 職人さんが丁寧に愛情をこめて作ったエネルギーがあったと思いました。 食事をするときに、素敵な器や手作りの陶器で食べることも、エネルギーを高めると思います。 食べ物を大事に頂く気持ち、その様々な丁寧な心持ちがエネルギーを高めるのでしょうか。ジャンクフードはなぜ食べ過ぎてしまうのか、この考え方にしてみると理由がわかりますよね。

ただし、物事には全て変化球というか、こういう法則もあるということを追記して終りますがどんなにエネルギーが低いものを手にしても、「ありがとう」と感謝の心で頂くとそこで受け手のエネルギーにより低いものも高くなります。 波動は同調するので、エネルギーは瞬時に高くなるのです。 ですから、全ては氣の持ちようでもありますが、それを常に実行する力もなかなか高度な技なので、ものによっては時間がかかるかもしれません。

私のKIJXのクラスの生徒さんが、一部破損しているバックを大切に愛用していました。 私はミシンがあって、そのバックを直す手立てを知っていたので、今日修理してみました。 長い間愛用されているそのバックはきちんと修理されると、また使ってもらうのを楽しみに元気になった気がしました。 質の判断というのは、その使用している人の出す愛でも変わるかもしれないなあと思いました。 質が高くなるということは、波動が高くなることなので、運気も上がる! 見えないものを説明するのはやはり難解なことですね~。 質を高く、量を少なくすっきりと生活するのが、目下私の目標でありますが、私もまだまだ実現にむけ、運気向上にむけ、歩いている一人です。
by artofnature | 2010-01-30 00:11 | 思うこと

「開運は物を手放すことから始まる」

最近、自分の今を支えている人生観、開運知識というのをブログに投稿し紹介しています。 私が体験して感銘を受けたこと、そうだ!と思った今からでもいつでも始められる人生を楽しくする、運気アップとなった事柄を皆さんに紹介することで、私にとっても、皆さんが役立てていただけたりしたら嬉しいし、視点が変わったり、皆さん自身に新たな気づきが起こるのではないかと思っています。
この気づきという意識の変化によって、運気が上がるのではないかと思います。 

さて、今日は、「開運は物を手放すことから始まるについてお話しようと思います。 

自己啓発本等ではたくさん話されていることですが、最近、同じメッセージでも私なりの切り口でお話したらいいことなんだと思いました。 私も運気アップや浄化の本はたくさん読んでみましたが、皆、似ていることを話していますが、それでもそれぞれの個性や体験からのお話で、異なっています。 それはまさに洋服のようですよね。 服は体を覆い、温めたり、保護するだけでなく、ファッションとして自分をアピールしたり、自分が好きな色、形、様々な理由から基本の服の働き以外の部分が今はより重要であったりします。 それはこの自己啓発本でも全く同じことが言えるとも思います。 内容はさしてかわらなくとも、そのアピールの仕方、著者の体験、人生観、世代、性別、様々な理由から本は独自性を持ち、その読み手に受け入れられる反応は様々異なるわけです。 そんなわけで、私も私なりに自由にメッセージを伝えて、その中でわかりやすいと思う人もいれば、わかりにくい人がいてもいいのだと思い、伝えることにしました。

さて、本題に戻りましょう。「開運は物を手放すことから始まる」の意味は、単純に物を捨てるのみにかかわらず、「執着」という意識を捨てる真意が運気、よい氣の流れを呼ぶことから来ていると感じています。 つまり物に対して捨てられないことのみならず、何らかやめられないこと、辞めたいのにできないこと、これは死ぬまで続けると依存すること、どんなに人から変化を求められても変えないこと、それらすべて変化を恐れることから物を捨てないということ、そう「執着」が捨てられないということにつながるわけです。 が、一度もうさっぱりと捨ててみると、排出という行為は実は物をためる行為よりも、何倍も気持のよいことだということがわかったりします。

たとえば、私たちが旅で、ホテルの部屋、旅館の部屋を利用しますが、お部屋には不必要なものが一切ないので、とっても清々しく感じることが多いと思います。 何もない場所にいることで、すっきりする体感をすでに知っているならば、そのイメージをもって自宅にいると、物は必ず捨てたくなります。 家にはいらないものや、ただ場所を占領しているものが多すぎるのが、私も含め皆さんの自宅の現状なのです。 そこで、少しでも物を整理して、処分し始めるとその空間が開くことにより、よい氣が入り込む余裕ができて、運気が上がるというわけです。 それに上がるためには、身軽でなければ上がりません。 運気を上げるためには、すっきりしていた方が、行動力も、その運気を受け入れる度量も上がるのです。 物への執着、考え方の執着はこれ全て、重く私たちの運気を下げている事柄であるようです。 運気アップにはまずは物質の対応から始めると、精神への移行も簡単にできるようになります。 前回お話した、髪を切る行為は、まさに髪への執着、過去への執着を断ち切り、捨てさることから、運気が上がるというわけです。 髪をばっさり切った方は、物への執着がなくなるので、何だか急に部屋の掃除を始め、いらないものを処分なさることでしょう。 そうそう、よくゴミ箱を常に空にするというのもよくいわれています。 これはとっても単純ですが、奥が深いですよ。 空にするように心掛けるということは、毎日ゴミをゴミ箱に余裕を持って捨てることができるので、部屋を循環し、浄化を続けるという意識が高まります。 さらに、最近九星氣学の鑑定をしていてお話したことがあります。
Sad paper とHappy paperについてです。 
Sad paper とはつまり、書類でも自分を哀しい、不安やよくないと思う方向に向ける文面や内容が書かれたものです。 簡単にいえば請求書、別れの手紙、哀しい知らせ、楽しかった思い出だけど、今はそれを見ると哀しくなるもの。 これらはすべてもし手放すことができるならば手放すべき書類です。 家にあるということで、運気下げること確実です。 もちろん税金申請の目的で、しばらくは手元にそのような書類もとどめておく必要がありますが、期限が過ぎたものは順序よく捨ててしまいましょう。 
Happy paperについてはSad paperよりはずっといいのですが、これも古くなると重くなります。写真も不必要に多いのも困りものですよね。 物は多すぎないのが一番です。 2年以上目にとめていないなら、どんなものであれ、ある程度整理して、捨ててしまいましょう。

さて、この物を捨てるという話が来て、さっぱりしてきた方には、次に連動して出てくる意識として、「量よりも質を高く」という展開になります。 この運気アップ対策については、また次回の投稿でお話しますね。 では、明日もよい一日を♪
by artofnature | 2010-01-26 23:18 | 思うこと

命には別れがあり、魂には別れのないことを知る

最近、大切な命を失った方と接する機会がありました。 私も主人を亡くしましたから、大切な命との別れを経験しました。 それはとても哀しい、辛い出来事です。 自分より先に愛する人の旅立ちを見送ることこそ、この現世に生きる私たちにとって辛い学びであるのかもしれません。 もう毎日見ることも、その声を聞くことも、肌を触れ合うこともない。 そして、思い切りその別れに涙することでしょう。 私はそれでいいと思います。 その哀しみを受け入れる時期も大切なことだと思うのです。 でも時が過ぎ、楽しかったことをたくさん思い出し、そしてそれをもうともにできないという事実にも直面しながら、涙する日々の中から、新しい気づきも経験することができるということも知りました。

それは肉体としての命は確かに終わりがありますが、魂としての存在の終わりというものはけっしてないということです。 このことに気づくとき、人は大きな愛の存在を改めて知ることになります。 魂となった存在であろうと、私たちを温かく見守り、そして支えることができるということを「知る」のです。 私は証明することはできませんが、このことを「知り」支えられた一人です。 と同時に、そのことを実感した時、自分が今生きているという瞬間さえも感謝が生まれてくるということを体感しました。 私たちが生きているということは奇跡でさえもある。 命はいつたたれるのか全くわからない、死とはどんな命にも平等にあたえられ、突然であろうとなかろうと、いつか起こるものなのです。

そうして私は今を感謝していることが、私が今を生きていることを知り、今を楽しむことが大切であること。 どんな時も生きていることを楽しむという心を学んだ気がします。 哀しいこともそれを受け入れそして自分という存在がその事柄を体験させていただけたことに感謝する。 命の別れを体験することで学ぶことをきちんと受け止めて、そしてその上で楽しく生きる。 おおらかに生きる。 命の大切さを知りながら、毎日を笑顔で過ごす。 それは私の魂の存在と、命はたったけれど魂として存在する間の大事なコミュニケーションでもあると思います。 物や形でない心のコミュニケーションです。 それができるようになると、哀しみが癒え、感謝と愛がたくさん生まれます。

少しの間はたくさん泣いてしまうけれど、哀しむけれど、その後は魂とのコミュニケーションができるように、心を豊かに感謝と愛で満たせていれば、そばにいる大切な魂は喜びと愛を送ってくれるのです。 私は今日も、別れを体験したその方への愛と、魂になった存在に感謝と愛を送ります。 ありがとうと心をこめて伝えます。 
by artofnature | 2010-01-25 10:49 | 思うこと

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る