人気ブログランキング |

カテゴリ:思うこと( 43 )

運気を変える、てっとりはやい事柄とは・・・

つい最近のことですが、ある夜、恋愛話で女4人で色々とお話していました。 恋愛とは現在無縁?!に近い状況にある私ですが、自分のことはさておき、他人のことというのは、クリアにわかるものですね。 冷静に、客観的に見ているという理由が大きいと思います。 当事者というのはどうしても大きな視野で自分の恋愛を観察することはできませんものね。 そして、最近は相談しているその方自身が最終的に自分で切り開くことなんだということを痛感するようになってから、私が思うに・・・とはっきりお話するようになりました。

昨晩も色々話して、違う視点を知ることで、ある方の恋愛についてもその方自身が、新しい考察ができるようになったのではと思います。 全てに言えることですが、運気をあげるもっとも大切なことは、「一歩下がって大きな視野で、物事を観察すること。それにより感情的になっていたり、一方的な小さな視野でしか判断できなかったことが、落ち着いて大きい枠に広がってみる。そうすると色々と考察する際は冷静になり、運気が上がる」ということです。
私が皆さんにお伝えしている「九星氣学」についてもこの観点が最も大きな理由です。 つまり九星氣学的な考察をしている間に、物事を客観的に、大きな視野で見るようになる、落ち着く、冷静に判断できるのです。


運気を下げたり、失敗したりするのは、感情的になっていたり、緊張していたり、不安になったり、冷静さに欠けることから発生するということが皆さんにもおわかりいただけたと思います。ある映画を見ていてそのことに当てはまるシーンがありました。昔の映写機というのは、フィルムを映写機に装着して、きちんと、ピッシリたゆみなくセットするとなぜか絡まってしまったり、途中でトラブルが起きるそうで、最後まで映画を上映するためには、すこ~しだけ「たゆむ」部分を設けるそうなんです。アスリートの人達の間でもよくいわれていますが、少しゆったりする部分を自分に取り入れると記録がのびるとかありますよね。 どんなことも同じことですね。 皆さんも落ち着くために色々とご自身ならではの解決法を持っているのではないかと思います。

さて、タイトルにもある運気を変えるてっとりばやい事柄で、特に!恋愛系に影響を及ぼす事柄があります、それは何かわかりますか?
髪の毛を短く切る」です。 髪は女の命とよく申しますが、失恋すると髪を切るのは理にかなった行為と思います。 髪は過去のデータを保持したものなので、長い髪の人は昔のデータも持ち歩いているということになります。 そこで、髪を切りますと、過去の自分と過去の歴史とおさらばすることになり、新しい自分を見つめる意識が強くなります。 したがって失恋の痛手も少なくなるので、髪を切るというのは本当に正しい行為なんですね。 昨年の日本滞在中に、私はいったい何人の人に髪を切ることを勧めただろうというくらい、髪を切ろう運動を推進していました。 お一人、腰までの長さの方の髪を肩につく程度にカットさせたのも私です。 ロングヘアの皆さんは、きれいな髪をされているのですけれど、過去の執着の多い方が実際多いように思います。 恋愛もどうしても切れずに続いているのです。 もし、新しい自分に生まれ変わろうという意識があるのならば、もし未来に意識を向けたいのであれば一度ばっさりとヘアカットすることをお勧めいたします。 ご安心ください、髪はまたすぐに伸びるものでございます。
by artofnature | 2010-01-21 23:37 | 思うこと

☆必要なら必ず会える☆

今週火曜日は、年内最後のKIJXクラスがありました。 調理実習も5回目となり、生徒の皆さんもさくさくとお料理されていき、思ったよりも早く仕上がるようになりました。 混乱を避けるべく私の方が、ゆっくりやろうとおさえるくらいなんですよ。 そうしてできた今回のお料理の中でも車麩のカツはやはり皆さんに好評でした。 カブの蒸し煮はシンプルながら、オーガニックの美味しいカブが手に入ったこともあり、とっても甘く、美味しく仕上がりました。
☆必要なら必ず会える☆_f0095325_12571745.jpg

この実習の前は、ビーフシチューのようなセイタンシチューがメインで、どの回もボリューム満点な献立となっています。
☆必要なら必ず会える☆_f0095325_12594220.jpg


そんなKIJXの後は、九星氣学講座第三回目を行い、その後さらに、個人氣学鑑定のご依頼を受け、一日走った日となりました。 翌日の水曜日は一転、準備をすることを重点にのんびりしていました。 その夜、ソウエンで食事をしたところ、思いがけないクラスメイトと再会することができました。 彼女はイタリア、ミラノから単身レベル4を受講するべく、マサチューセッツのクシインスティチュートへマクロビオティックの学びに来ているアリアンナです。
☆必要なら必ず会える☆_f0095325_23473013.jpg
 
(今年7月の私とレベル4に出かけた時の写真がありました。)
とってもチャーミングでしっかりとしたマクロビオティックの理解がある、若きマクロビアンです! ミラノのマクロの学校ですでにお料理教室の先生や事務方を手伝いご活躍です。彼女は私より一回後にレベル4を受講し始めたので、今回の冬のレベル4でめでたくご卒業となりました。 彼女に会えるかな?連絡あるかしらと思っていたら、昨日ばったり再会しました。彼女はイタリアに私の電話番号を忘れてきてしまうし、パソコンは壊れてしまうという事態から、私に連絡したくても連絡できなかったそうです。 なので、思いがけず再会できて私も彼女もとっても嬉しかったのですが、これもマクロのお陰だなあと思いました。 シンクロですね。 彼女はNYに土曜日まで滞在する予定なので、金曜日のココアカフェに覗きにくるといってました~。
by artofnature | 2009-12-17 13:03 | 思うこと

機内誌を読んでいて・・・

皆さん、こんにちは。
無事日本に到着しました。
いつもNYから日本までの長旅で色々なことを目にしますが、
今回は機内誌を読んでいて面白いことに気づきました。
皆さんはギリシャのクレタ島をご存知ですか?
私は聞いたことがありますが、まだ旅をしたことはありません。「健やかな島」と題され、書かれた紀行文を読んで、すごくマクロを実践している島だと感動したので、投稿することにしました。

このクレタ島に住む人々は長生きで、健康な人が多いそうです。
特に特筆すべきは、世界中で最もがんと心臓発作で亡くなる人が少ないそうで、秘訣はその食事にあるということでした。クレタの食生活が紹介され、こんな島民の言葉が・・・

「島の食べ物はどれもホームメイドなの。この村にはスーパーがないから、冷凍食品もファーストフードもない。何でも自分たちで作ってたべなきゃいけない。 あとは一日中青い海を眺めて暮すだけ。昔からずっと同じ暮しをしています。」

そう、マクロビオティックの身土不二に沿った、旬の出来立ての、その土地でできた食べ物を作って食べる。 シンプルな中に本当に大切な食の暮しが息づいています。 またこの島の人たちは、生野菜やパンを食べることが少なくて、基本はホルタという畑で栽培した野菜ではなく、野草を摘んできたものをゆで食べているそうで、本土のギリシャ人には山羊が食べるようなものをどうして食べているんだとからかわれるとか。 野草はまさに旬の自然に育った植物なので、大変エネルギーの高い食べ物ということがわかりますよね。 そして、パンを少しと蒸し魚。 デザートも砂糖を使わず、ヨーグルトは食べるけど、その場所で作った手作り。 そして同じく産地でとれた野花のはちみつをかけて食べる。 そのうえ、そこでとれた食材を感謝していただく心があれば、すごくエネルギーの高いものとなるでしょうね。
いつか旅したみたい島となりました。

さて、今日は日本は七五三。
私の甥っ子も5歳となり、今日はお宮参りにいくそうですよ。
私の日本滞在もまたリポートしたいと思います。
では~
by artofnature | 2009-11-15 07:11 | 思うこと

二年半以上を経て思うこと

私がマクロビオティックの食事法、生活習慣を取り入れ始めたのは、2007年1月でした。
このブログをお読みくださっている皆さんの多くがご存じのように、
私がマクロビオティックを始めたきっかけは、今は亡き主人の代替療法のひとつとしてでした。

主人は癌でなくなる一カ月前までは、仕事をし、働き盛りの、働くことが大好きな人でした。
それが体調を訴え、病院で検査を始めるも、診断がつかないという時間が数週間以上も続き、
その頃はなんでも取り入れようとして、色々な代替療法を試していました。
マクロビオティックの食事法を取り入れたのもその理由からです。

   亡くなる前に主人が言っていたことがあります。
   「僕はよく噛んで食べていなかったよ。」
   食べることが大好きで、食の道に進んでいた彼の告白でした。

癌と診断され、わずか2週間で現世を離れた彼の後、私を支えてくれたもの、
周りの知人、家族からのサポート、亡くなった彼の魂としてのサポート、
そしてその上確実に感じていることは、
そのまま続けたマクロビオティックの食事と生活法であったと感じています。

だからこそ、そのまま学びを続けようとマサチューセッツのクシで
今、リーダーシッププログラムといわれているレベル1から3までを続けて受講しました。

彼が食を愛していながら後悔した、正しく食べるという学びを
マクロビオティックは教えてくれました。

私はアメリカで人生の半分以上を暮らし、過食ぎみだったことから、
マクロビオティックで14キロも体重が減り、
一度必ず起こる排出のため、一時期は「ちょっと老けた?」といわれるくらいに
体調が変わっていきました。
が、その間に生理痛とは無縁になり、体がとっても楽になっていくことも実感しました。
11年連れ添った夫を亡くすという精神的な辛い時期にも、
マクロビオティックの食と学びが癒してくれたと思います。

先日、2007年に書いた昔の投稿に最近のコメントがありました。
「ティーチャーサーティフケイトで資格がもらえたら仕事につけますか?」
という問いかけでした。

私は、マクロビオティックの理論は仕事だけではなくて、
人生に深くかかわるとても大切な学びをくれると感じています。 
資格ということではなくて、もっと深いもの。
本当の自分の人生を切り開いていける力とか、人生を楽しく生きるとか、
運気とか、様々な追い風とか、自分の味方になるもの。
それがこのマクロビオティックにはあるんですよ。

KIJXプログラムを自ら行おうと考え始めたのも、その素晴らしい学びをきちんと知りたい人に
わかりやすく学んでもらいたいということからでした。
はっきりいえば採算度外視みたいに始めています。
でも、私がやりたいと思ったから、やる。
自分の足で歩むから、それだけやらなければならないことが増えるのに、
自分のやりたい事だから、続けられる。 そんな気持ちです。 今。

10月開講を予定にむけ、参加希望の皆さんと話を進めています。
今回まずは週末と考えていましたが、平日にご希望されるかたもいらっしゃるので、
平日コースも行うことになりました。
つまり、ほぼプライベートクラスで、
週末は日曜日、10月4日開催、
平日は木曜日、10月8日開催、といたしました。


来月に向け準備しています。
皆さんからのお問い合わせをお待ちしています。 
by artofnature | 2009-09-03 23:53 | 思うこと

虫のしらせ

先日、静岡市を中心として大きな地震がありました。

最近、テレビを全く見なくなってしまった私は、ニュースというのは、
人から、パソコンの画面にちょっと、の方法でしか入手していません。
でも必要な情報というのは、そんな場合でも必ず手元にやってくるように思えています。
虫の知らせもその一つ。 なんとな~くそうした方がいいように思ったり、
こうなるかな~とか思ったり。
この地震があった日は、朝5時くらいだそうですが、
私は、虫のしらせで、朝8時くらいに(NYでは夜の7時)に電話していました。
それで母から地震のことを聞いて、そうなの!と少し驚く。といった次第でした。
幸い両親の住む東部地方は大事ないそうで、
実家も問題ありませんでした。

知人の皆さんからもご心配のメイルを頂き、ありがとうございました。

さて、今日はうれしいことが・・・
by artofnature | 2009-08-15 21:54 | 思うこと

ココアの体調変化

ココアの体調変化_f0095325_1950404.jpg

<療養中のココア>
今週は百江ちゃんが帰国した後、3日ほど時間がありました。
ずっと活動的だった5月からの日々を経て、やっとまとまったお休みでした。
が、このお休みの間、愛猫ココアは体調を崩し、私は獣医さんへ通う以外は、
自宅で猫の介護に明け暮れておりました。
獣医さんによるとココアは、多分胃腸をウィルスにやられていたということですが、
胃のむかつきが酷かったらしく、絶食5日を体験しました。
見ている私も本当に心配しました。
どんどん痩せていくし、全然食べないのですから、私は色々と試みました。
でも動物って、本当にこの点は筋が通っています。
体調を崩した動物は、食を必ず断つのですが、
これは自然治癒ではとても大切なことなんですよね。
食べないことは、胃腸の負担を軽くしてあげますし、治療に専念するからです。
人間だけなんですよ、お医者さんが、病気のとき「栄養のあるものを食べて下さい」というの。。。
マクロビオティックでは、素食で胃に負担がかからないものをとお勧めします。

思い返せば。。。
by artofnature | 2009-07-24 07:50 | 思うこと

誕生日にしたこと。。。

ちまたに色々なデトックスがありますが、
私はマクロビオティックの食生活自身での排出だけでなく、
腸内洗浄というのも定期的にしています。
最初は3回くらい続けてしましたが、今は半年に1回くらい、日本に一時帰国した後や、
移動が続いた日々の激務だった腸の疲れをすっきりさせるために行っています。
腸が健康でいると、本当にエネルギーが満ち、体全体の健康につながります。

腸内洗浄というと何だか怖いわと思う方もいると思います。
事実私もそうでした。 なんだか恥ずかしいし。。。
でもこの腸内洗浄、あなどるなかれ、素晴らしい効果があります。

施術方法は・・・
by artofnature | 2009-07-04 05:58 | 思うこと

レベル4とは・・・

先週一週間、Kushi Institute で学んできた、レベル4。
今までの中で本当にタフな内容でした。
参加者は9名、イタリアから、トルコから、アメリカ全土から、年齢、習慣も異なる私達が、
同じマクロビオティックという学びのもとにまた集いました。

レベル4とは・・・_f0095325_21182168.jpg

集合写真です。 ピンボケなの。 残念。 これはクシのキッチンでとりました。

今回修了されたコーニーさんは、
by artofnature | 2009-04-12 00:00 | 思うこと

ありがとうございます。

私が、マクロビオティックインストラクターとして、活動を開始したのは、昨年の3月からでした。
本当に最初は、やっていけるのだろうか?
不安もありましたが、突き進むのみ!の勢いで今まで来た様に思います。
教えるという立場の学びを始めさせていただいて、一年が過ぎました。

ありがとうございます。_f0095325_12181764.jpg

(先日お花の春色アレンジした時の、写真です。)








このところ、心温まる、生徒さんからのメッセージを沢山頂くようになりました。
それは、マクロビオティックを知ったことで、人生が幸運と開運を手に入れたり、
新しい見方を手に入れることで、今までは考えもしなかったことや行動が起せるようになった方からの
心のメッセージです。

私はそんなメイルをいただく度に、励まされ、続けてきてよかったという気持ちでじんわりとしています。
皆さんもいろんな悩みがあると思いますが、マクロの命のある食べ物を多く摂取するようになると
エネルギーが上がり、波動も上がり、開運へつながるのではないかなあと思います。

九星氣学の学びをされた方も、自分に起こる出来事に対して、客観的になったり、冷静になぜ今その課題が
自分に与えられたのかを見定めることができるようになり、広がっている気がしています。

皆さん、すごい解釈力になっていたり、冷静になり、不安がなくなっているのですよ!

私はクラスでよくお話していますが、私自身精神的に辛いときや、色々と考え始めてしまうとき、
自分が必ず欲して、食しているマクロディシュがあります。

それは・・・
by artofnature | 2009-03-26 12:23 | 思うこと

甘い物の食べ過ぎにご注意下さい♪

季節の変わり目に風邪を引きやすくなっている?!
いいえ、一つお気をつけいただきたいことが、マクロを知っているとわかります。
喉が痛くなったり、風邪のひきはじめではないか?と感じる時、
必ず前日、していることがあります。

それは陰性の食べ物をいつもよりも余分に摂取しているということです。
アルコールや、甘いものは陰性といって、拡散や上昇のエネルギーの強いものです。
したがって、翌日その排泄の症状として、喉が痛くなったり、体の上部にいつもと違った
反応があるはずです。

陰性の摂取量とその排泄症状は、人それぞれ。
謙虚に反応するひともいれば、そうでない場合もあります。

また怪我をしてしまった場合も同じく、陰性の摂取が原因とも言われています。

足元は陽性のエネルギーが不足すると、ふらつきます。 
つまりグラウンディングされていないともいえます。

陰性のエネルギーが多いので、上にエネルギーが行き過ぎて不均衡になるのです。

クシの学校に行っていたとき、階段で転んで、捻挫された方がいました。
彼女は確かに前日、スウィーツデイ(週3日学校では夕食の時にマクロスウィーツがでました。)甘いものを摂取していました。 
そしてその日はいつもはしないのに、おかわりまでしていたそうです。 

天高く馬肥ゆる秋。

美味しいものを食べ過ぎて、体調を崩すことないように、
陰と陽のバランスを考え、両極の取りすぎに要注意ですね。
by artofnature | 2008-11-18 14:17 | 思うこと

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る