人気ブログランキング |

カテゴリ:Travel( 197 )

数秘の「3」と八白土星の中宮を知って、2019年を楽しむ♫

f0095325_06434114.jpg
満開の桜🌸の時期に、ワシントンDCを旅する機会をいただきました。
日本から1912年に送られた荒川のソメイヨシノを親とする穂木が大事に育てられて、
100年以上経った今では、世界中からの観光客も楽しむ名所になったそうです。
この日歩いたタイダルベイスンの水辺には、3000本以上の桜が満開でした。

f0095325_06470263.jpg
ちょうどお天気にも恵まれて、前日に友人の誘いで急に実現し、
訪ねたのに最高なお花見旅でした。
バスで片道4時間半〜5時間かかったのはチャレンジでしたが、
意外と大丈夫でした。
小豆玄米のおむすびランチも用意して、マクロビオティック的には
歩く準備万全で!河畔をぐるりとめぐって、大満足でした。

f0095325_06434120.jpg
さて、今年の2019年は数秘では「3」になりますが、
この数は、子供のように遊ぶ楽しさを持つことをよしとする数でもあります。
九星では三碧木星は、若木ですから、子供や若い時のちょっとした無鉄砲でも
チャレンジなエネルギーともリンクしていますね。

どうだろう?と保守的になるよりも、
楽しいことなら、やってみよう!という意識が高い。
だからこそ、その流れにのりましょうという、数秘ではそんな一年のようです。

今度の9日に開催するまゆみ先生との数秘とマクロビのコラボイベントも
まさにそんなエネルギーから生まれました。
人生を楽しむ講座といえば、
もうひとつ、
11日はサティさんと初めてのコラボクラスです。

こちらも私の興味から発展しました。
自分がYouTuberになれるかはまだちょっと不安ですが、
昨今のiPhoneを活用してみたい!というちょっとした興味から
今回のコラボクラスとなりました。

どちらもオススメの楽しいクラスになりそうです。
まだまだお申し込みお待ちしています〜
詳細はこの投稿の一つ前をご覧あれです。

f0095325_06470343.jpg
さて、お花見旅の話に戻ります。
ワシントンDCのお花見旅も、急に決まったこともあり、
お安くチャレンジなチャイナタウンバスで!
なんと往復37ドルですんじゃいました。(とてもお安いです!)
その代わり二人で泊まるホテルはよく歩くだろうから、
しっかり眠れるそこそこよい場所をチョイスです。
実は歩くことができるように、一泊の装備はできるだけ軽装にして、
小さなリュックを担いだままで13キロ歩きました。
先月日本で3回目の半断食セミナーを終えてから
歩く癖がついたようで、
今回もワシントンDCのあちこちを歩いて楽しむことができました。
人生を楽しむためには、「健康」であることは欠かせませんね。

f0095325_05544863.jpg
日本から送られた桜のことが書かれていたり、
たくさんの人々の手によって大事に管理されている様子が
あちこちの桜の木々の様子から見受けられて、感動します。

f0095325_06470369.jpg
ちょうどプロのカメラマンさんが撮影してくれて、
おすすめスポットで記念の一枚。
風は少し冷たかったけれど、絶好のお花見を楽しみました。

翌日は軽いとはいえ、荷物を持って歩いたせいかちょっと腰痛のような筋肉痛に。
それでもまたまた歩いて、スミソニアン動物園へ
ワシントンDCのアメリカで125年以上続く動物園には、
なんとパンダが3頭もいるんですね。
久しぶりに見る生パンダ!テンション上がりました。

f0095325_08081387.jpg
のんびりしているパンダの様子に癒されて、大満足。
動物園にはそれ以外にも沢山の動物たちがいましたよ〜
たとえばゴリアの赤ちゃんがお母さんとぐっすり眠っている様子とか…


翌日は少し曇り空で、肌寒かったのか、動物達は皆お休み中が多かったかも。
ちなみに、スミソニアン系列なので、入場料は無料です。


f0095325_08081316.jpg

最後の締めは、スミソニアン自然史博物館内の宝石と鉱物の展示セクションへ。
ここには歴史上最大といわれるダイヤモンドや希少な宝石が展示されています!
地球の体内で何万、何千万年もかけて育まれた鉱物はとてもパワフルです。
陽性のエネルギーが高いので、沢山の人達を引きつけ、魅了しますね。
そんな引き寄せ力一杯の宝石の写真でしめてみます〜(笑)

九星氣学では八白土星の星が中心に座す2019年、
今までの歴史を振り返りそれらのエネルギーを受け取りつつ
変革の時代を象徴する一年とされています。
新しい元号に変わったのも、それゆえ今年が選ばれたのでしょう。
だからこそ、今まで受け取った様々な学びを反映して
新しく飛躍する!そんな2019年です。
自分自身も元気で楽しく、そして提供するクラスも
自分が一番の生徒として楽しめているのも、
マクロビオティックのお陰です。
人生が楽で、楽しくなる秘訣が今までの学びにいっぱいだから!

皆さんも今年は子供心を大事に、自分の興味や好きな事に
元気に挑戦してみましょう!
そして元気で健康であるために、ご自身のライフスタイルや
食にも意識を向けてみましょう〜 

コラボクラスでは、そんなマクロビオティックの
運気も磁力もあがり、楽しく学べるお料理をご用意させていただきます。


by artofnature | 2019-04-04 05:52 | Travel

2019年春の日本滞在記 最後に

f0095325_01271544.jpg
日本滞在最後に訪れた半断食セミナー in 広島で撮った
最終日の皆さんとの集合写真です。
3泊4日のセミナーを終えて、皆さん確実にお顔も心もすっきりしています!

私も3回目と言うことで、回数を重ねるごとの素晴らしさを体感しました。
マクロビオティックを12年以上実践してきての、セミナー3回目なので、
半端ない変化がありました。

f0095325_01271638.jpg

今回の玄米は昨年水害を受けてなお生き残った
地元の有機農法で作った玄米でした。
とても甘くて、驚くほど。
そして困難を乗り越えた玄米の力がありました。
f0095325_01271674.jpg

滞在中に体験したことは、これからの未来の自分の糧になることばかり。
本当に大事な人生への投資であることを実感しました。
自分のマインドが多くの時間、瞑想状態になることの大切さと
定期的にこのような時間を持てる素晴らしさに感謝の滞在となりました。
f0095325_01271601.jpg
戻ってすぐもそのエネルギーは続きます。
どこにいても、自然や自分の置かれている磁場に反応しています。
すっかり春の伊豆の土手を歩く時間。
菜の花が咲いている道に佇むだけでも、
今までとは違った充電ができるようです。
f0095325_01271719.jpg


広島から伊豆に戻った翌日に、熱海の2000年の大楠が祀られている
木宮神社へ参拝しました。
そしてこの日この時間は3月11日の東日本大震災の日でした。
神社で黙祷を捧げました。
ご冥福をお祈りします。
f0095325_01271718.jpg
いつもより大楠からのエネルギーを感じます。
ありがたい参拝、お礼参りとなりました。
そして二日後の14日にニューヨークへ戻りました。

時差ボケはまだちょっとありますが、
雑務を片付け、やるべきことを順序整えて、
ニューヨークの生活に戻ります。
f0095325_01271703.jpg
広島の半断食セミナー後では、
いつも『よく噛む口とよく歩く足』を頂いて
ニューヨークへもどってきます。
食べ物も玄米が欲しくなり、よく歩いています。
そしてお散歩すると決まって晴天です。
ありがたいですね。


by artofnature | 2019-03-19 01:24 | Travel

新春のアルバニーとサラトガスプリングズ探訪2019

新しい年を迎え、ニューヨークでは1月11日になります。
すっかり日常に戻っていますが、
革新の2019年、いかがお過ごしですか?
ゾロ目のスタートの日に2019年の初めの投稿をしています。
f0095325_23340392.jpg
今年は「旅」が運気アップにつながるのもあってか、
縁あってニューヨーク州の州都、アルバニーとその近郊へ旅してきました。
グレイハウンドバスで、片道3時間弱。
あっという間です。 州庁舎の前で。
f0095325_23303038.jpg
ニューヨークに長年住んでいましたが、アルバニーを訪れるのは初めて。
北部なので、寒いオフシーズン。
庁舎が多い州都ですが、マンハッタンから来た私達にとっては
とっても静かに感じます。

f0095325_23303133.jpg
アルバニー観光では、博物館のような美術館を探訪しました。
ニューヨーク州の特徴を学ぶあれこれを、のんびり堪能できました。
私が特に見入ってしまったのは、州内で産出される鉱物の豊富さでした。

f0095325_23303113.jpg
鉱物が取れるベルト地帯に、
すっぽりニューヨーク州が入っていることからも頷けますね。 
石好きな私としては、充実の展示箇所でした。
それ以外にも、昔の運河を利用して発展して来た歴史や、
州内に生息する動物について、
子供に帰って社会科見学的な観光でした。
f0095325_23303166.jpg
翌日はアルバニーからレンタカーして、
マサチューセッツ州のストックブリッジにある
ノーマンロックウェル美術館へ。
マクロビオティックを学んでいたクシインスティチュートを訪ねた折に
何度か足を運んだ美術館です。
こちらも冬ということもあって、静か。
館内を落ち着いて楽しむことができました。

その後、クリパルヨガセンターや、レノックスの街を
通り過ぎて、アルバニー方面に進路を戻し
さらに30分ほど北上したサラトガスプリングスへ
あまり知られていませんが、温泉がとっても良いんですよ。
f0095325_23303245.jpg
日本と違って、ミネラル豊富な源泉を個室で楽しむ
避暑地、夏の保養所のような形で始まりました。
洗い場とかもなくて、
個室の鉄分豊富な源泉に30分〜40分ほど浸かります。

その昔来た時は、20分浸かってから、20分そのまま横にある簡易ベッドで休む
システムでしたが、今はリノベーションもされて
素敵なリフレッシュルームでお湯に浸かった後は
お茶を飲みながらゆっくりすることができます!
多くの方はマッサージも併用しています。
スパのような感じですね。
源泉自体は冷泉なので、お湯を足して入りますが、ぬるま湯です。
なので、私はいつも後から皮膚に浸透したお湯の成分で
ポカポカする感じです。
お湯に浸かっている間は、気泡が身体中について
塩分濃度もあるので、体が浮かびます。
f0095325_23351042.jpg
今回の旅は、2泊した最後の朝に、1インチほどの積雪がありましたが、
軽い雪なので、特に支障もなくドライブできました。
ただ暗い夜道を運転するのだけは、苦手。
郊外は夜になると真っ暗なんです。
なので、早めにアルバニーに戻りバスに乗って
マンハッタンへ。
ちなみに宿泊したインには、
サウナや室内プール、ジャクジーも貸切のように楽しめました。
夏ならもっと人も多いでしょう。
サラトガスプリングスには、カジノや競馬場もあり、
夏の行楽シーズンは、冬と違って大にぎわいなのです。 
f0095325_23340459.jpg
サラトガスプリングスの公園では、湧き水を試飲することができます。
スパがある公園内でも数カ所行ってみると、それぞれ味やミネラル成分が違っています。
炭酸がある湧き水もありました。

f0095325_23340461.jpg
街のセンターにあるコングレス公園では、7箇所くらい試飲できるように
歴史的な水飲み場がそのまま残っています。
いろんな湧き水を飲み比べる楽しい体験です。
冬なので、氷が張っていますよ〜

f0095325_23340495.jpg
温泉に浸かり、湧き水を飲んで、
思いがけず体に優しいデトックスの旅になりました。
今年また春になるころ、再訪したい場所になりそうです!

1月末からまた日本へ一時帰国いたします。
その前に少しクラスのお知らせなどできたらと思っています〜

by artofnature | 2019-01-11 23:27 | Travel

ロンドン満喫の旅 ④ 2018年

f0095325_08104069.jpg
ロンドン滞在記も最後の投稿になります。(ようやく〜汗)
最終週は、なんとフランスの古城巡りをする機会をいただきました。
妹のバースデートリップに便乗させて頂いた姉です♪
旅の最後のパリの夜に、記念撮影パチリ。(後ろのお兄さんもおもわずスマイル)
f0095325_02035988.jpg
本当は、飛行機でルルドの泉を訪ねる予定だったのですが、
フランスの管制塔労働組合のストと重なって、
急遽キャンセルしたフライトの代わりに、
車でドーバー海峡まで行って、車を列車に乗せてフランスに移動。
ヨーロトンネルを利用してフランスのカレイの港へ
貨物列車のような列車内です。

ドライブ移動で最初にルーアンの街へ

f0095325_02035915.jpg
ルーアンは、モネが印象派の代表的な絵画シリーズの大聖堂をモデルにした
その!大聖堂なんです〜 
思いがけずロンドンのナショナルギャラリーで開催されていたモネ展で
このシリーズの絵画をたくさん見ることができたので、
ルーアンに行って、実物を拝見できて大満足でした。
向かいの古い建物は今はツーリストインフォメーションになっていますが
この建物の二階でモネは作品を仕上げたそうです。(写真の左手にある建物です。)

f0095325_02040025.jpg
ルーアンは、のんびり散策するのにちょうど良い街でした。
木組みのお家が沢山残っていて、街並みも可愛いです。
大きな自然食品のお店もあって、お店で買い物したら、
「こんにちは〜」と声をかけられました。
マクロビオティックが知られているみたいです!
f0095325_01484730.jpg
ルーアンは、ジャンヌ・ダルクが最後に魔女裁判にあい、火炙りの刑で命を終えたその街です。
今はその場所には記念碑とジャンヌ・ダルクの偉業をたたえた教会が建てられています。
近くは市場やレストラン街になっていて、
この場所が今平和のために使われている事で彼女の魂の慰霊となっていると
祈りを捧げます。
その昔ジャンヌ・ダルクのことを興味があって調べた事もあって、
なんだかこの街に偶然訪れたことが
シンクロだと感謝です。

フランスの古城巡りは
アンボワーズ城、シュノンソー城、ブロワ城、シャンボール城と4つも巡ることができました。
f0095325_02040070.jpg
シュノンソー城は、川の上に建てられた素敵なお城です。

f0095325_08104134.jpg
シャンボール城を後ろに
f0095325_08104266.jpg
シュノンソー城を庭から眺めて

f0095325_08104281.jpg
ブロワ城の入り口は、特徴的です。

f0095325_02040169.jpg
そして最後はパリに滞在。
見応え抜群の旅でした。


by artofnature | 2018-07-09 11:37 | Travel

ロンドン満喫の旅 ③ 2018年

f0095325_20551649.jpg
のんびり投稿となっていますが、無事にロンドン滞在から戻りました〜
引き続き、書き留めておきたい事、ご紹介したいことを綴ってまいります。
チェルシーフラワーショーの続きです〜
お楽しみの一つにクレマチス専門の園芸家さんが満開に咲かせてくる
八重咲きのクレマチス達〜
圧巻の花の量にいつもびっくりします。

f0095325_02171566.jpg
こちらは前回の続き、王座のフラワーアレンジ。
みなさん独創的ですね。
今回は、講座は開催せずに鑑定を数回させていただきました。

f0095325_02190897.jpg
セッションの場所に、
バラが美しい季節のリージェントパークのカフェを訪れました。

f0095325_20551758.jpg
バラが本当に美しいです。

ロンドン滞在中にはニューヨークでCRSを主宰されている
香咲さんの「奇跡のコース」についてのお話会にも参加しました。
ちょうどドイツでカンファレンスがあることから、
このご縁でイギリスにも立ち寄られました。
開催されたのは、ニューヨークでもご縁の長かった友人宅。
今ロンドンでも奇跡のコースを紹介できたらと活動を始めています。

f0095325_02171606.jpg
スピリチャルなお話会ですが、
これからの時代、スピリチャルな意識を持って生きることが
とても大切になっています。
私もコースを自分のペースで取り入れ読み解き
10年以上過ぎていますが、
いつでも新鮮で一生寄り添いたい素晴らしい教えです。

f0095325_02190864.jpg
ロンドンには、東京からいらしたU-ma kagurazaka のご夫婦も参加され、
その前後にお食事や観光を楽しみました
お二人はその後、香咲さんとクリスさんのお二人と一緒に
ドイツのカンファレンスにも参加されたそうです〜

f0095325_02171774.jpg
お話会が開催された友人宅は、お庭がとっても素敵です。
妹と一緒にのんびりさせていただきました。
光のシャワーを浴びることもありました。
f0095325_02171835.jpg
ちょうど個人宅のガーデンを解放している時期で、
お誘いいただいて、枯山水風のイギリス庭園を見学しました。

一見、枯山水のようで、実は使っているものも、理論も全て感じ取って作り上げたゆえに、
イギリスの石や岩、素材は英国で調達して、右手上に立ってお話ししている方が作り上げたものです。
イギリス人ながら、京都の枯山水の庭を毎日七時間も見て感じとったことを表現したそうです。
彼のお話がとても面白かったです。

ここに連れて来てくださったご縁の方は、
なんと私のハワイで開催された講座にハワイにお住まいだったころ参加されて
その後、こちらにお引越しされ、再会できたのです〜
本当にいろんなことありますが、奇跡のコースを学んでいると
こういった出会いにも奇跡と感謝を感じます。
ありがとうございます。


by artofnature | 2018-06-25 03:30 | Travel

ロンドン満喫の旅 ② 2018年

f0095325_18055609.jpg
6月に入りましたね。
ロンドン滞在も楽しみにしていたイベントを、次々体験しております。
去年は広島の皆さんをロンドンにお連れして、
このエンジェル駅のモニュメントで遊んだ一枚を見てましたが、
今年は自分も挑戦しました。

実は、去年初めて訪れたチェルシーフラワーショー
今年も再訪することができました。
ロンドンで毎年5月に開催され、英国王立園芸協会(RHS)が主催する
150年以上の歴史と権威のある国際的に最高峰とされているガーデンショーです。

もうどこもかしこも圧巻です。
f0095325_18055698.jpg
個人部門の庭園では、今年も日本人の石原和幸さんが金メダルをダブルで受賞されていました。

https://www.rhs.org.uk/shows-events/rhs-chelsea-flower-show
リンクできないけど、このサイトが主催するRHSです。
f0095325_18055773.jpg
ありとあらゆる植物を楽しむ。
華やかなショーです。
アレンジを見て回るのもとても楽しいです。

薔薇や、クレマチスや、ゆり、ラベンダー、etc 
様々な品種を展示提供する専門家が勢ぞろいです。

f0095325_18055771.jpg
流木で馬や動物が造形されている庭師のブースも毎年興味深いです。

f0095325_18055854.jpg
ブースは果てしなく続きます。
私は今年2周回ってゆっくり見て、なんとこの日は14キロも歩いてました。

f0095325_18055830.jpg
今年は、ロイヤルウエディングということで、王座がテーマのフラワーアレンジでした。
まだ投稿しきれてないのですが、10以上の作品が展示されていました。
それぞれ趣向を凝らして、良い作品に仕上がっていますね。



by artofnature | 2018-06-01 18:51 | Travel

2018年 シャスタ山へ再訪の旅 その2

f0095325_18531759.jpg
4月末から5月の始まりに訪れたシャスタ山。
まだ雪が残ったままで、パンサーメドーへの道は閉鎖中でした。
それでも神聖なエネルギーのこの場所に来れてよかった!

f0095325_18531848.jpg
シャスタ滞在中は、ゆっくり時間が流れていきます。
スチュアートミネラルスプリングスで、のんびり日帰り温泉を楽しみました。
ここは、最近経営者が変わったそうで、雰囲気も違っていました。
より多くの人を受け入れられるように、なんだかあっさりしてました。
ただ自然のパワーは素晴らしく、本当に癒されました。
薪で温めてたサウナで、芯まで暖かくなったら、外に出て、
川にえいやっと身を沈めて。
浄化力は素晴らしいですね。

f0095325_18531851.jpg
シャスタでの楽しみの一つには、カフェ巡りがあります。
Seven Suns Coffee & Cafe でブランチを頂いたり、
お気に入りのコーヒーがシャスタの水でさらに美味しいです。
f0095325_18531884.jpg
マッククラウドでは、レビューで良かった Kyody Coffee さんへ
シャスタでは、土地柄ベジタリアン対応がどこでも大丈夫でした。
グルテンフリーのビーガンレモンマフィンやサラダをランチに頂きました。

f0095325_18531938.jpg
滞在したロッジはキッチンもフル装備!
自然食品店で、マクロビフレンドリーな夕食を作ってました。
ディルとガーリック味のザワークラウトが美味しくて
みんなとっても喜んでもらって、産地の野菜をローストするだけでも
ご馳走ですね。
私は、いつもキッチンがあるとわかっている旅先には、
玄米や海苔などの海藻、手前味噌、雑穀を用意しますが、
今回もフル活用で、最後はおむすびにしてお弁当に。
f0095325_18531994.jpg

f0095325_18532001.jpg
マックラウドの滝は、オフシーズンなので、ほぼ貸切状態!
初めての体験です。

f0095325_12513844.jpg
シャスタ山を様々なアングルから満喫して、
陰陽を調和できるのもこの土地の最大の魅力ですが、
f0095325_12513996.jpg
様々な滝を満喫できるのも、楽しみです。
ヘッジクリーク滝は、小さいけれど魅力満点。

f0095325_12513954.jpg
滝の下を歩くこともできちゃいます。

f0095325_12514065.jpg
そして、いつも帰りには、大きなバーニーフォールに立ち寄って、サンフランシスコへと戻ります。
シャスタ山と様々な滝をめぐり、
湧き水でお料理したものを頂き、
五感で浄化を感じることができるこの場所は
本当に大切なリセットポイントでもあり、
私にとって充電できる場所のようです。
そうでなかったら、こんなに何度も来させていただけませんよね。
また新たなステップへ旅立つ前の大切な場所なのかもしれません。

今、ロンドン滞在中に書き留めていますが、
ここロンドンでも、いろんな気づきが多いこの頃です。



by artofnature | 2018-06-01 17:43 | Travel

シャスタ山へ再訪の旅

f0095325_03265038.jpg
妹が滞在していた、4月末〜5月1日まで、西海岸に行って来ました。
この写真は偶然撮れてて面白いので、最初の一枚に。
シャスタ山を背にポーズ☆

ご縁があって、今までたくさんの方をお連れして、もう5回も訪ねていますが、
行きたいと話していた妹を、初めて連れて行くことになりました。

シャスタへ行くことになって、
友人の恭子さんにその話をすると、
「私も行くわ!」と鶴の一声。
そして、ダメもとで誘った恭子さんの妹さんも
ミラクルにタイミング良く
なんとダブルシスターズで旅行することに。
f0095325_04325580.jpg
家族旅行は気兼ねなくストレートに
ハートに響く旅行となりました。
この写真は最後のシャスタの滞在日に
泊まっていた宿泊先のフロントハウスで。

シャスタではお家を選んで、
外食で体調が乱れないように
お野菜たっぷりのお料理や玄米を炊いて自炊!
楽しく過ごすことができました。
やっぱり無理なくお家ご飯だと
体が楽です〜
f0095325_03265021.jpg
ドライブは意外と好きな方なので、ほぼ私が運転担当。
しっかりした車さんをレンタルできたので、
走行距離の割に、楽でした〜
シャスタ山へ到着日にはUFO雲が山の横に見えてました〜
毎日美味しいお水を汲んで、お料理や飲み物をいただきました。

f0095325_03265113.jpg
サンフランシスコから、最初ナパへ一泊しました。
前回行って大好きな、
バイオダイナミックの有機ワイナリー
ロバートシンスキーへ
エントレンスの庭には、藤の花やビワがなっていました。
http://www.robertsinskey.com
f0095325_13011878.jpg


ここはのんびりテイスティングできて、
良い感じのスタートでした。

オーパスワン ワイナリー にも行ってみようと
チャレンジしてみました。
https://www.opusonewinery.com


ここはカリフォルニア最高峰のワイナリー。
味も価格も格別のところですね。
私とは縁がないかな〜って思ったりしてましたけど、
リクエストがあったので行ってみました。

予約がないと多分難しいかもと思いつつ、
訪ねてみると、この日はゆったりモードで
な、なんと予約なしでテイスティングできました!
それも4人で一人分のテイスティングをシェアして良いよと
素敵なオッファーをいただき、
皆でソファーでくつろぎながら、テイスティングさせていただきました。
運転手の私は控えめに。


f0095325_03265272.jpg
記念撮影までさせていただいて〜
f0095325_03265245.jpg
エントレンスの広大なゆとりも
最高峰ワイナリーゆえですね〜

f0095325_03265497.jpg
オーパスワンの2012年、2014年、オヴァチュアの3つをテイスティング。
私、長いこと名前の由来などは知らなかったのですが、
この名前、オーパスは音楽用語の作品番号を意味するそうです。
一本のワインが交響曲のように、奥深く、
複雑な味わいがメロディーを奏でるようなものとしている意味なんだそうです。

なるほど〜
頂いてみると本当にその意味がわかります。

ナパの隣町のカリストガでは泥スパも体験できました。
一日の充実ぶりがすごい!シャスタの旅でした。

次は水の浄化についてお話ししますね〜
f0095325_03265403.jpg
マッククラウド滝では、シマリスさんが、滝を眺めているシーンに遭遇。
この日の滝は静かで、誰もいなくて、
そのゆえ、シマリスさんも出て来たのかな。

続く〜



by artofnature | 2018-05-21 03:23 | Travel

ロングアイランド2017 ワイナリーと海辺を訪ねる旅

f0095325_12533405.jpg
(ワイナリーのガーデンでテイスティング)
秋晴れのこの時期に、一泊旅行してきました。
マンハッタンから片道2時間半のドライブで
ニューヨークの東にあるロングアイランドの最東端、
モントークのビーチフロントのホテルに一泊しつつ
ロングアイランドワイナリーを訪ねる旅です♡

初日に訪れたのはShinn Estate Vineyards です〜
ワイナリーセレクションは今回、参加してるわかちゃんのソムリエさんの友人
さすがのセレクションでした〜
ニューヨークから近いのもあって、最近は本当におしゃれになっています〜



f0095325_12533564.jpg
貸切のようなまったりした雰囲気でした。平日なので人もまばら。
心地よい日差しを浴びて上機嫌です〜
f0095325_13380624.jpg
まさにワインになる準備まもなくの葡萄がたわわになっておりました。
テイスティングはとっても楽しくてついのんびりしちゃいます〜
一日に何件も行くよりもゆっくりのんびりで、初日はこのワイナリーと
f0095325_12533791.jpg
秋のお野菜たちをマーケットで買ったり覗いたり、
楽しみました〜
二軒目は前回のワイナリーツアーでも訪れたレンツワイナリー


さっと覗いて、こちらではサクッとテイスティング。
前回も訪ねていましたので、モントークのホテルに移動しました。
f0095325_12533873.jpg
今年の九星氣学では一白水星が中央に位置していますが、
年盤だけじゃなくて、月盤もシンクロ中。
だからこそ、海辺や水の近くに出かけて、
内観するのは運気アップや
氣の流れを良い方向へ転換させるのに抜群です!
ということで、ビーチフロンドの宿泊先をチョイスしてみました。

f0095325_12533940.jpg
ここもまるで貸切!のような静かなビーチ。
奥に見える建物が今回宿泊したアパートメント型ホテルです〜
夕日が素晴らしく美しく。 
忙しい都市生活の波動とがらりと変わって
落ち着いて、まったり楽しみます。
夕食はホテルでワイナリーで買い求めたワインや
持ち寄りのお料理や途中のマーケットで購入した新鮮お野菜を
楽しく簡単料理でいただきました。
もえさんもマクロビオティック料理の先生♡
だから生徒さんの自家野菜の新生姜やオクラの漬物、
甘酒味噌のドレッシングや、美味しいお料理持ち寄りで、
私も黒豆玄米おにぎりを朝炊いてきたり、
マーケットで買ったお野菜やフルーツが採れたてで美味でした〜。
f0095325_22442549.jpg
真っ白なキッチンリビングで楽しくお料理。
初日2箇所のワイナリーでゲットしたワイン2本をいただきました。
帰ることを気にしなくていいから、お家ご飯はのんびりです〜

朝ごはんもお味噌汁をバッチリ用意しておきました〜
手前味噌で二日酔いの心配なし、おにぎりを野菜を敷いて蒸しなおして、
みなさんが絶妙の持ち寄りバランスでした。

そして、朝日を浴びるチャンスも堪能できました。

f0095325_12533900.jpg
最東端なので、海面から昇る美しい朝日。
ゆきさんが、朝から音叉ヒーリングしてくれました。

f0095325_13380720.jpg
ホテルをチェックアウトしてから、最東端の灯台へドライブ。
私も二日目はドライバーになりまして、ワイナリー巡りまでお手伝い。
ゆきさんの車でもえさんも私も運転をお手伝いして、なんだかいい感じでした。
f0095325_13380756.jpg
ビーチも丸々の石が波に洗われてゴロゴロあります〜
つい皆んなで石をあれこれ見定めたり、
のんびり波間を見つめて時間を過ごしました。

二日目も2件のワイナリーを訪ねました。
1件目は今回最もおしゃれなWolffer Estate Vineyardへ


f0095325_13380802.jpg
たわわに実った葡萄棚の前にバラが咲いていて、おしゃれです。
テイスティングも素敵なガーデンで。

f0095325_13423844.jpg
内装やプレゼンテーションを頑張ってます〜
ワイナリー工房もガラス張りで上から覗けるようになっています。
ここで2日目のまったり時間となりました。
f0095325_22542468.jpg
でもって、二件目はまたまたサクッとテイスティング
Channing Daughters Wineryへ
ここはブレンディングに力を入れているようです。
私が購入したワインには、ハーブやフルーツを加えて、
養命酒のような感覚のワインも作っていました。
それぞれ自分の気になるワインを選びます〜


帰り道はラッシュアワーを避けて、
フラッシングに立ち寄って、中華の夕食〜!
気の流れで旅したので、
次々変更ありでしたが、それが最も良い感じとなりました。

また近いうちにロングアイランドへ再訪したいね!って
皆と話して帰路につきました。



by artofnature | 2017-10-05 23:13 | Travel

日本の夏2017その②

f0095325_01164053.jpg

9/7に無事ニューヨークに戻りました。 前日のJAL6便のエンジントラブルの影響で機長からの丁寧なアナウンスはあるし、隣の席も空席で、快適な空の旅でした。
ニューヨークはすっかり秋で週末のセントラルパークは大賑わい。
時差ボケ予防に早速セントラルパークを散歩いたしました。

さて〜(^-^)/
日本の滞在中のお話をもう少し。
今回二度目のCI協会さんでの講座がちょうど夏休みが始まった7月と8月のお盆休みと重なった事もあり、東京での開催ながら、遠方からのご参加の皆様が沢山ありました〜 北海道、秋田、仙台、富山、栃木、名古屋からとこの時期だからこその出会いとご参加にありがとうございます。少人数ながら密度の濃い講座を開催させていただきました。

f0095325_01164087.jpg
望診講座では、大分でスクールと自然食品のお店を経営されておられる安部先生がご参加くださいました。 ありがとうございました。今回の望診クラスでは、新たな有名人さんのお顔を学びの資料に使わせていただき、古今東西ワールドワイドな人の顔をみなさんとじっくり拝見しながら、人のお顔がどんな環境や食べ物によって影響を受けているのかということを、考察していきました。

そんな中、懐かしい友人と再会するチャンスもありました。 
f0095325_01164135.jpg

以前NYに住んでいらした時に生徒さんで来てくださり、その後ハワイに私の事を呼んでくださり、ハワイで講座を開催するご縁をいただいたヨガインストラクターの初美さんです。
ちょうど私が渋谷で講座をしていた時、彼女もマタニティーヨガのティチャートレーニングの講座を新宿で開催されていましたので、もしやと思いその日連絡してみたら、その夜に何年ぶりかでお会いする機会をいただきました。
すごいシンクロですね〜。 
ハワイにご縁のある方ともお知り合いになる機会をいただいて、楽しい再会でした。 
ありがとうm(_ _)m

また今年の夏は、家族との時間を沢山持つことができました。
もともとこの夏に戻ったのは、母のリクエストでした。
そしてロンドンに住む妹とも一時帰国がシンクロして、母と妹と私の三人でウロウロする機会が持てました。
f0095325_01164252.jpg
箱根にドライブしました。
箱根は実家からそんなに遠くなくて、楽チンなのです〜
箱根の観光やランチを楽しみます。
マクロビオティック的にゆうなら晴れの日のランチです。

それから、お仕事は9月に入って、1日に茅ヶ崎の恭子さんのお宅で、
(それは前回の投稿に詳しくご紹介しています〜。)
翌々日の3日は神楽坂で鑑定の1日を過ごしました。
神楽坂の二階のセッションができるスペースは素敵な良い空間です。
写真撮り忘れてしまいましたが、
来年もまた鑑定日を設けてお仕事させていただきます!

そしてランチタイムには、ゆうこりんが遊びに来てくれました。
彼女は私がクシマクロビオティックのKIJXの実施校として、
最初にコースを開講した時の一期生でもあります。
その後は、お料理教室が忙しかった時には、アシスタントさんとして活躍してくれたり、
一緒にハワイへ仕事と遊び半分で行ったりしたこともあったのですが、
日本にご帰国になってからお会いするチャンスが少なくなっていました。
今回は、神楽坂に会いに来てくれました。
今はさとう式公認のインストラクターさんで、大忙しです〜
f0095325_01164372.jpg
神楽坂のU-ma では、ベジタリアンランチを提供しています〜。 
こちらのベジランチをゆうこりんにご馳走になっちゃいました〜(嬉)
久しぶりで話に花が咲きます〜楽しかったね。
ありがとう〜m(_ _)m

鑑定が終わった後は、まさこさんがお子さんと一緒に遊びにきてくださいました。
9月3日のこの日は、故 勝又会長の分骨式が武蔵野霊園であったそうですが、
その後立ち寄ってくださり、そのお話しを伺ったり、お子さんにお会いするのは初めてだったので、いろいろなお話しで盛り上がりました。
f0095325_01164449.jpg
考えてみるとまだ勝又会長がお元気だった頃、最初に会長と今の池尻大橋の前の社屋でお会いした時にご一緒だったのは、まさこさんでした。 
その当時まだCI協会にお勤めでしたし、お子さんも産まれる前だったから、私の最初の講座進行や、スケジュール、テキスト表紙や証書作りなど、本当にお世話になりました〜m(_ _)m

勝又会長の訃報は、私にも衝撃でした。 ちょうど8月の講座を終えたあとオフィスでお話しを伺いました。 
前日まで普通にしていらっしゃって、二日前は講座も行ったそうですし、
急なことで本当に悔やまれますが、まさに皆が羨むピンピンコロリの最後。
8月26日に青山斎議場での勝又会長のお別れの会に参列させていただきました。
遠方の住む私がこうして参列させて頂いて、その際に久しぶりにまさこさんにお会いして、
こうしてまた3日の分骨式の後にお会いするご縁は、まさに会長のおかげでもありますね。
勝又会長、本当にありがとうございました。
ご冥福をこころよりお祈りしています。

f0095325_04054553.jpg
お別れの会での斎壇は、白と緑の生花で陰陽対局図となって、中央のスペースに式の間はお骨が置かれていました。 
お人柄が偲ばれる清々しい斎壇で、みなさんにもご覧になってほしくてこちらに載せさせて頂きました。 最初は自然の海塩を食卓へ紹介する活動から、CI協会に入り、マクロビオティックの普及に尽力された、素晴らしい会長さんの姿が紹介されていました。

日本を発つ前日に、天城の浄蓮の滝へ家族でドライブしました。
清々しい滝のマイナスイオンを受けて、今年の心持ちを改めて考える時間が持てました。
f0095325_01164437.jpg
今年の九星氣学の年盤は一白水星の水のエネルギーが軸となる一年。
だからこそ、今年は意識的に滝や川辺を訪ねて、内観する時間が良い氣の流れを呼んでくれますよ!

f0095325_01164584.jpg
マンハッタンに戻って、セントラルパークの湖の水面を眺め、
日本からニューヨークへ自分の軸を調整します〜
年盤と月盤が9月8日から重なるので、この一ヶ月はパワフルに今年の年盤の影響が出てきますよ〜。
このお話しは次の投稿でまた〜

by artofnature | 2017-09-14 06:36 | Travel

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る