人気ブログランキング |

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

窓からの眺め

暮らし始めて○○年!この部屋の窓からの景色。
最近変化しています。
窓からの眺め_f0095325_10461883.jpg


中央の廃墟と化している建物は、電力会社の煙突が三つもついていた建物の崩壊途中。
近隣住宅ビル配慮の為に、少しずつ解体作業をしています。 
以前は煙突と建物でほとんどイーストリバーは見えませんでした。

でも今は水面が美しく、窓からの空の面積も倍以上になり、
嬉しくてしかたがありません。
この建物が完全に撤去されたらどうなるんだろう!?なんて楽しみなんです。
実はあの大富豪で不動産事業を手広くやっているトランプが、
この場所に居住ビルを建設するらしいのです。
ですからこの空の広さも、水面の美しさも「期間限定」の眺めであります。
それでも、今を楽しむ毎日です。

窓からの眺め_f0095325_11213100.jpg


そして、すぐ左横には、こんな古きゴシック調の建物。 そしてその裏には国連です。
この建物は以前映画「スパイダーマン」にもでてきたんですよ!

なんかシンプルながらマンハッタンらしからぬ眺めが気にって入るこのごろです。
五月の快晴は、素晴らしい空ですね。
外を眺めているだけで、幸せな気分でいっぱいになってるこのごろです・・・
by artofnature | 2006-04-29 11:32 | NY life

オーキッドショウで、草月の花活けを観る。

オーキッドショウの続きです。
この展示場の右側には、いくつかのブースがあって、そこで草月の先生や生徒の皆さんが蘭をつかった花活けをされていました。

オーキッドショウで、草月の花活けを観る。_f0095325_1195446.jpg

こちらの草月でお花を教えていらっしゃる先生の作品です。
この二つの花器は実は、私の陶芸の先生が作った作品です。
素晴らしいですね。 お花にも負けない存在感です。

オーキッドショウで、草月の花活けを観る。_f0095325_11131962.jpg

実はこの作品を窯で焼くとき、ちょっとお手伝いしています。

こんな風にレンガと土、そして棚板で密閉して、炭化焼成しています。
本当に手間のかかる焼成方法ですが、焼き上がりの素晴らしさにはかえられません!


オーキッドショウで、草月の花活けを観る。_f0095325_1115546.jpg
このレンガ窯の中央と下部分がそうです。
少しづつ窯出ししている途中の写真です。

窯入れも大変ですが、窯出しも掃除が大変なのです。
本当に、先生の根気と体力勝負の窯との戦いには感服しています。
日本でならこんな手間のかかる方法はしないと先生もおっしゃっていましたが、
こちらではそうもいかず・・・

先生ご苦労さまでした!
by artofnature | 2006-04-25 11:27 | NY life

ロックフェラーセンターのアイスリンクでオーキッドショウ!

先週の4/20-23日にかけて、ロックフェラーの冬はアイスリンクの場所で、
毎年行われている、蘭の展示会(Orchid Show 2006)がありました。
ロックフェラーセンターのアイスリンクでオーキッドショウ!_f0095325_10271716.jpg

いつも見慣れた風景が一転、竹のアートオブジェがたくさん飾られ、金の彫刻像もいつもとはちがった趣。 不思議な鳥居も目立っていました。

たくさんの人でした!がそれにも負けないほどのたくさんの蘭、蘭、蘭!

ロックフェラーセンターのアイスリンクでオーキッドショウ!_f0095325_10322636.jpg
このガラス張りの小さなスペースの中で参加者はグループごとにテーマを決め、展示されています。 皆さん個性的な、なかなか見ることができない蘭を育てています。 一つ一つ見ているだけで、本当に素晴らしいです。 蘭ってすごくたくさんの種類があるんですね! 驚きです。

ロックフェラーセンターのアイスリンクでオーキッドショウ!_f0095325_1033272.jpg

蘭の花の妖艶な魅力は人ごみにも負けないくらいです!
展示会では賞が設けられていて、一等は紫、二等は赤、三等は白のリボンが飾られていました。 この一等をとった蘭はミニチュアで本当に小さい花蘭なのですが、よく見ると、大きい蘭と同じ形をしているんです! たくさん咲いていて、小さいのにボリュームのある蘭です。

ロックフェラーセンターのアイスリンクでオーキッドショウ!_f0095325_1112639.jpg

こちらは、蜘蛛のように細長い花びらの蘭です。 













ロックフェラーセンターのアイスリンクでオーキッドショウ!_f0095325_115537.jpg
展示会では米国内で蘭を生産販売しているたくさんの人達や、蘭の生育愛好家グループの皆さんが、丹精込めてつくられた、個性的なさまざまな蘭を展示しています。
蘭の魅力に圧倒された一日でありました。
by artofnature | 2006-04-25 11:07 | NY life

春のセントラルパーク

先週くらいから、ニューヨークも春を感じる日が多くなってきました!
昨日は雨でしたが、今日も快晴!
お散歩が楽しい、なんだかわくわくする感じです。

先週の日曜はまだ肌寒かったのですが、セントラルパークに
軽食をもって出かけてきました。

春のセントラルパーク_f0095325_3123747.jpg


桜が咲き始めていました!
そして、その下で吹奏楽風の音楽を奏でているグループ。
ゆったりした曲で、日曜ののんびりした気分にあっていました。
右の芝生は夏になるとオープンするスペースですが、
今はまだ芝生の生育を助けるためもあり、クローズ。 それでも一面の緑を見ると和みます。

春のセントラルパーク_f0095325_3275735.jpg
コロンバスサークル入り口からの、若葉の始まりのような黄緑に惹かれますね。
ほんとにいつもよりたくさんの人!
ニューヨーカーもこんな日は自然を求めるのでしょうね。
春のセントラルパーク_f0095325_3304042.jpg




72Stのイーストサイド出口付近の桜も見事でした。 
色が濃くてぽってりしている感じ。 アップで撮ってみました。






春のセントラルパーク_f0095325_331883.jpg

明日はきっと満開でしょうね。 この写真をとってからちょうど一週間たちますから。
また行ってみたいです。
by artofnature | 2006-04-16 03:34 | NY life

桜祭 at Brooklyn Botanical Garden

桜の時期になると、ニューヨークのブルックリンボタニカルガーデン(http://www.bbg.org)
でも毎年、「Sakura Matsuri」というイベントが行われます。 
この植物園にはとても知られた日本庭園のセクションがあり、ここの桜はとても素敵です。
毎年楽しみにしている方も多いと思います。
日本人女性画家、澤野水纓さんは、このイベントの桜をテーマに
長年ポスター用の油絵を描いておられます。
そして、今年の桜の絵をお披露目する会が、4月6日木曜日の夕べ、
このブルックリンボタニカルガーデンで行われました。
桜祭 at Brooklyn Botanical Garden_f0095325_1550478.gif

こちらが、今年のポスター
実物の油絵は本当に素敵です。
過去何年かの作品も同時に展示されておりました。

桜祭 at Brooklyn Botanical Garden_f0095325_15492150.jpg

こちらは2003年の時の絵です。
たくさんの過去の作品を一度に拝見すると展示会場は、春爛漫です。
それぞれ、個性のある、一点一点味のある素晴らしい作品ばかり。。。

ご招待頂いた幸運に感謝するばかりの、春の夕べでした。
by artofnature | 2006-04-08 16:05 | NY life

私の愛する友よ!

現在5歳になる、雄のシャム猫を生後5ヶ月の時から、飼っております。
彼は、私のことをすごく助けてくれる、スピリチャル猫なのです。 
そう!彼の精神的サポートなくして、私は数々の苦境を喜びに変えるきっかけにしたり、
落ち着きを取り戻したりできなかったと思うことしばしば・・・

今日も、歯医者でかけられた全身麻酔と傷の周りの腫れで、ふらふらな私にパワーと
リラクゼーションをあたえてくれた彼。

今日の歯医者はそもそも四年前のさし歯をしたとき、
神経をとるルートキャナルをしたことが原因なんです。 
このルートキャナル(日本語ではなんと言うのでしょうか?神経根幹処理?)
で神経がの一部が残っているか何かが原因か色々あるものの、
内部で炎症を起こすことがあります。
私の場合、数日前から突然痛みを発し、いてもたってもいられないんです。
ほんとに歯痛のそれも、歯の神経の痛みってすごいです。
久しぶり体験した、パワフルな痛み。 ていうか初めてかも。
そんなわけで、きょうは歯医者さんから口腔外科専門の歯医者さんに行き、
歯茎を切開して、内部の炎症を取り除くかなり歯科治療でもディープな治療をしたわけです。

ふらふらな私のそばで一緒に寝てくれるし、時折じっと見つめる目に癒されます。
はては、このブログにちょっと気分がよくなったので、書込みしていると、
キーボードの横にうずくまり私の方を時折見つめる感じはなんとも心強い!

ありがとう、ココア。
私の愛する友よ!_f0095325_165013.jpg


話ができなくとも、通じ合うものを支えに共にくらしているのです。 
彼の名前はココアといいます。 なぜなら、かれの顔と尻尾を見たときにココア!と
思ってしまい、そんなインスピレーションで浮かんだ名前ですが・・・
by artofnature | 2006-04-01 16:50 |

ニューヨーク在住のマクロビオティックインストラクター&カウンセラーのKiyomiです♪ 私のマクロビオティック講座やお教室のお知らせ、陶芸やクラフト活動、またヨガなどNYライフをお伝えします☆


by artofnature
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る